看護師を辞めたい

0歳〜3歳未満までの母親の生活模様&おススメの看護師の働き方

 

看護師はただでさえ命を預かる厳しい仕事なのに、それに加えて育児も負担しなければならないとなると、肉体的&精神的に相当な負担を覚悟しなければなりません。

 

このため、子供が幼いときは非常勤などの働き方を選んだ方が賢明です。では、子供が何歳ごろから、どのような働き方をすればいいのでしょうか。子供の年齢ごとにおススメの働き方についてみていきたいと思います。

 

 

1歳児では非常勤がおススメ

 

0歳というと赤ちゃんは急激に変化をします。まだ朝と夜も区別がつかず、哺乳とおむつ交換を繰り返し、ねんねのころは、ママも赤ちゃんに合わせて生活することが多いでしょう。

 

まだ産後の疲労もあるし、新しく赤ちゃんを迎えたばかりでその生活リズムになれるのに精いっぱい。そのため赤ちゃんと自分のことで精いっぱいで旦那さんのことを考える余裕もないことが多い時期。

 

そんな時には働くということを考える気はなかなか起きずらいでしょう。一般的に赤ちゃんが生まれてから1歳までは育休の取得を促している会社も多いので、ママは本来休むべきなのです。

 

 

しかし1歳を超えてくると育休もあけるし、そろそろ赤ちゃんのいる生活にも慣れた、外に出たい気もする…とママも気持ちが変化してくることも。その前にしなくてはいけないのが保育園探しや育児サポート探し。

 

子供が1歳になって子育てをしながら働くことを早く意識しているママは、0歳児のうちから保育園探しを始めるべきでしょう。もしくは院内託児所などがある病院を探して就職活動するべきですね。

 

 

しかしまだまだ手のかかる1歳児。何もわからないうちから保育所に入れると早く慣れるというメリットもありますが、急にママと離れることにより赤ちゃん返りが激しくなる、抵抗力がまだ弱いので病気をもらいやすいなどのデメリットもあります。

 

そのため赤ちゃんが1歳児のママは、常勤よりは休みを調整しやすい非常勤。しかもママも赤ちゃんも徐々に慣れていけるように、半日などの短時間で仕事をはじめて行くのがよいといえます。

 

 

2歳&3歳も油断は禁物

 

2歳児3歳児になると、子供もぐんと成長。自我が芽生えてくるので、一人でやりたがることも増え、お友達とのかかわりも増えてきます。

 

ママも子供の成長を促すため、より多くの子供と接する機会を持つことを考える時期ですね。毎日子育てセンターに行ったり外遊びをしたり、遊びや昼寝などしっかり生活リズムを整える時期でもあります。

 

 

ある程度生活リズムが整い、家族の協力も得られたらママも自分の時間を持つことも可能になります。その時間を看護師として働くということも。

 

ただ、この時期に始めから無理して働くと、生活リズムが崩れ仕事にも家庭にも影響することがあります。ママも育児を基本としつつ、少し家族の協力や保育所などの社会的サポートを整えたうえで、非常勤から働き始めるといいのではないでしょうか。

 

 

幼稚園(3歳〜)に入ってからの母親の生活模様&おススメの看護師の働き方

 

3歳以降になると、子供も集団生活の中でいろいろなことを学ぶようになります。そのためほとんどの子供が保育園や幼稚園に通い始めますね。

 

通い出すと、始めは慣れるまで大変!体調を崩したり、幼稚園がいやだと精神的に不安定になる子供も。しかしながら、集団生活に慣れ安定してくると、今度はママが自分の時間をより得ることが出来るようになるのです。

 

 

そんな時間を利用して働き始める人も少なくなく、幼稚園に送った9時ごろから帰宅前までの13時頃まで平日に非常勤で働くママも少なくありません。

 

もしも幼稚園で18時ごろまで預かり保育がある場合は、毎日勤務をするのではなく、1回の勤務を6時間程度として週3、4回など勤務回数を少なくして家庭と仕事を両立するママもいます。

 

 

もしも保育園に通うのであれば、常勤で働くことも可能です。また土曜日も保育園はあいているので、安心して仕事ができます。

 

常勤で夜勤をしなくてはいけない場合も、週末夫が家にいるときだけ夜勤をする、院内託児所の夜間保育を利用するなど調整すれば、月数回の夜勤をすることが可能です。

 

ただし、常勤の場合は、万が一子供が病気になった時などに備えて、家族に協力を求めておく、また緊急サポートサービスや病後保育などを利用できるように準備を整えておく必要があるでしょう。

 

 

小学校(6歳〜)に入ってからの母親の生活模様&おススメの看護師の働き方

 

小学校に入ると始めの間は下校時間が早いのですが、放課後は学童保育を利用することも出来るようになります。

 

しかし小学校に入る前は保育園に通っていたので、19時までのお迎えでよかったものが、小学校に入ると学童が18時までというところもあり、戸惑うママも少なくありません。

 

また学童保育がいっぱいで入れないという事態も。祖父母が一緒に生活をしているので放課後は子供をお願いしているという場合でも夏休みの長期休みなどはどうしようかと頭を悩ませるママもいます。

 

 

これが小1の壁と呼ばれるものなのですね。そのため、小学校に入る前からの学童探しをすることが重要です。

 

これまでの仕事を続けるためにも子供が安全で安心して放課後過ごせる場所を確保しておくことが重要なのです。もしも学童がない、家族の協力もないという場合は、常勤から非常勤へ、また時短勤務などを利用するなど働き方を考える必要があります。

 

そして週末の家族がいるときだけ自分は夜勤をするといった働き方をすると給料を期待出来るでしょう。

 

 

小学生も後半になると、学童や家族の協力など安定してきているのではないでしょうか。子供だけで友達の家に行ったり、お留守番という過ごし方も出来るようになります。

 

しかし年齢が大きくなると習い事を始めて親が送り迎えをする必要があることも。また子供の学校や地域行事に参加する機会もどんどん増えてきます。

 

 

しかし子供が大きくなるほど、働いている親は増えてくるので、そのあたりはみんな理解もあることでしょう。常勤で働いている場合も、職場が理解して有給を取って行事に参加できるように配慮してくれる職場もあります。

 

子供が大きくなるほど、経済的な理由から仕事をしたいというママも増えてきます。そのため子供の行事などを見ながら自分の勤務を調整して日勤や夜勤をこなすことも可能になるでしょう。

 

 

看護師の様々な働き方についてはこちら!

知らなきゃソン!看護師を辞めたい人に知ってほしい働き方!