看護師を辞めたい

子育て中の看護師が正社員として働くメリット&デメリット

 

夜勤に残業、時間外労働も非常に多く、子育てとの両立が難しいといわれる看護師の「正社員」という働き方。

 

もし、子育て中にもかかわらず正社員として働きたいのであれば、どうすればいいのでしょうか。そしてもし正社員という働き方を選ぶのであれば、子供が何歳ぐらいからがいいのでしょうか?

 

 

正社員で働くメリットデメリットその1、労働時間編

 

基本的に入院施設があるところは、正社員は夜勤をしなければいけないと決まっているところもあります。

 

そのため、看護師として正社員で働く場合を考えなくてはいけないことは夜勤をするかどうかということです。子育て中は夜勤回数を減らしたり、夜勤免除としてくれるところもありますが、いずれは夜勤をしなくてはいけないというプレッシャーが一つのデメリットになることもあります。

 

 

反対に始めから入院施設のないクリニックで外来対応のみという場合は、夜勤のことを考える必要はありません。しかしクリニックはその開院時間により勤務時間が長いというデメリットがあります。

 

クリニックでは昼の休憩時間をはさんで、朝8時半から夕方6時頃まで診察をするところも少なくないのです。子育て中の看護師が時短勤務できる制度を整えているといいのですが、勤務時間が長い、また土曜日も交代で出勤しなくてはいけないということになると少し大変です。

 

 

労働時間でのデメリットを見てきましたが、もしも育児のサポートをしてくれる人、保育施設など体制が整っていて、夜勤が出来る、また勤務時間が長くても問題ないという場合には、正社員でもメリットがあります。

 

勤務時間が長い、夜勤が出来るということは、そのまま給料に反映されるからです。そのため状況に合わせてメリット、デメリットが発生します。

 

 

正社員で働くメリットデメリットその2、給料編

 

正社員の給料は、基本給に様々な手当が上乗せされます。例えば正看護師や認定看護師という役職手当など。

 

また残業をすれば残業手当、皆勤手当などもありますね。また健康保険や年金といった社会保険もありますし、ボーナスが支給されるところも正社員であるからこそ。そのような安定した給料を子育て中に得ることが出来るのは大きなメリットといえるでしょう。

 

一方で正社員になると病院の委員会や病棟会議、院外の研修などほぼ強制的に参加をさせられることもあります。勤務時間内にこれらの雑務が出来るといいですが、休みを削って出席をすることも。子育てをしている時に時間外の仕事は難しいですし、給料や代休が発生することなく出席することになるので、大きなデメリットになります。

 

 

正社員で働くメリットデメリットその3、社会福祉編

 

看護師はいつでも人材不足といわれています。人材が少ないと看護師一人一人にかかる責任がとても重くなります。

 

専門職であり生死の関わる現場で精神的なプレッシャーが強い、夜勤などがあり不規則なども看護師の離職理由の一つとなっています。

 

 

そのような状況の対応するため、病院では看護師の働き方に配慮しています。例えば、未就学児がいる場合は、時短勤務で一日6時間勤務とするとか子育て中は夜勤を免除するといった病院の育児サポートがあります。正社員であれば、それらの制度を利用できることが大きなメリットとなります。

 

 

しかしこれらの制度があるのは、比較的大きな病院であることが多いです。クリニックなどでは正社員で時短勤務をするなら、非常勤でもいいのでは?という無言の圧力がかかることもあります。

 

またサポートが整っているところでも責任感の強い人は、自分だけ時短勤務で夜勤免除となり申し訳ないと負い目を感じる看護師もいます。反対に他の看護師が、忙しいのに時短勤務をして…と思うことも。

 

それが人間関係に影響を与えることもあるのです。それらが一つのデメリットといえるでしょう。

 

 

正社員で働くメリットデメリットその4、仕事内容編

 

正社員で働く場合は、患者の申し送りから始まり、受け持ち患者の状態把握、ケアなど一連を担当します。そのため患者のベットサイドにいくことも多く、看護師としてのやりがいを感じることが出来るのが大きなメリットです。

 

また自分のスキルアップを目指している場合は、正社員で経験を積んでいくことにより、認定看護師や専門看護師への道も開けてくるのが大きなメリットでしょう。

 

反対に病院というところはチームワークが大切な所。急に入院があった、急変があったというようなときには、時間外でもみんなでその対応をすることもあるので、時間通りに仕事が終わらないということがデメリットの一つです。

 

 

正社員の看護師として働くなら何歳ぐらいからがいい?

 

ここまで子育てをしながら正社員で働くメリットデメリットを見てきましたが、私がおすすめしたいのは、子供が1歳や2歳という育休をあけた時点で社会復帰を考慮して、始めは時短勤務、夜勤免除などの社会福祉を利用して勤務をしながら、状況を見ながら徐々にほかの正社員同様に勤務をするという方法です。

 

その理由は、子供がある程度4歳、5歳の幼稚園になっていきなり正社員として働き始めると、勤務時間は長く育児と仕事の両立は大変ですし子供も赤ちゃん返りなどをする可能性もあります。

 

 

また保育園に入ること自体難しいと言われていますので、正社員で働く場合は、1歳、2歳くらいから保育園に入れられるよう入園のための準備を行い、時短勤務で育児と仕事のバランスを取りつつ正社員としての働き方を確立していくといいのでは?と思います。

 

ただ、そういった制度が利用できない小さな病院であったりクリニックなら非正規雇用を選ぶのも仕方がないのではないでしょうか。

 

現在子育て中の方は様々な働き方を検討し、自分に最もあったスタイルを選んでいただければ幸いです。

 

看護師の様々な働き方についてはこちら!

知らなきゃソン!看護師を辞めたい人に知ってほしい働き方!