看護師を辞めたい

子育て中の看護師が派遣として働くメリット&デメリット?

 

看護師でも派遣という言葉が一般的になってきました。

 

 

看護学校を卒業してすぐはやはり、病院に就職して一から新人教育を受け、看護師としての技術を習得しどんどんスキルアップしていきたいという考えの人が多く、派遣を選択する看護師はあまりいません。

 

しかし子育てをするようになると、子供のことを第一に考えたい。しかし子育てに一段落ついたら、ちょっと経済的にも足しになるように働きた。また自分の居場所を見つけたいという人も少なくないのです。

 

そんな時に思いつくのが看護師の派遣。でも実際にどんな働き方をするのがわからない人も…。そこで今回は子育て中の看護師の派遣という働き方について、メリットデメリットをふまえながらご紹介します。

 

 

看護師の派遣の働き方って?

 

派遣される場合は、まず派遣会社に登録をすることになります。その派遣会社から仕事の紹介を受け、現場に働きに行くという形をとります。つまり雇用は病院ではなく、派遣会社なのです。

 

派遣をされるならどこでもいいかというとそうではありませんね。自分の働きたい時間や職場など希望はあるはずです。それをかなえるために、まずはどんな時間帯なら働くことが出来るか?希望の給料は?これまでどんな経験があり、どんな職場を希望するかというインタビューがあります。

 

それに基づいて、派遣会社にある求人と派遣看護師のマッチングが行われるわけです。その派遣先には、一般病院の病棟やクリニックで半年や一年という長期間の派遣期間のものもあります。また健診センターやイベント看護師など単発で期間が短いものもあります。

 

 

 

単発の仕事の場合は、訪問入浴、デイサービス、健診、イベント救護などが多く、1日から仕事を引き受けることが可能です。

 


 

 

 

派遣看護師はどんな仕事をするの?

 

病院やクリニックで勤務する場合は、そこで働く看護師と同じような業務を行います。

 

ちなみに、もし経験したことのない科に派遣された場合、新人教育や中途採用者教育がなく慣れるまで大変というデメリットは確かにあります。

 

ただ、子育てをするまでにどこかに勤務し看護師としての基本的なことが出来れば、ある程度の仕事をこなしていくことは出来るはずです。ここで看護師という国家資格のメリットが生かされます。

 

 

子育て中の看護師が派遣をするメリット

 

子育て中の看護師が派遣をするメリットは次の2つのものがあります。

 

  • 単発からでも仕事をすることが出来る
  • 子育てと仕事を両立しやすい

 

子育て中は、子供がいつ病気になるかわからない、もしも正職員として働き始めて急に休むことになったら、みんなに迷惑をかけるということも考えて、就職することをあきらめることもあるかもしれません。

 

しかしながら派遣という働き方では、仕事の回数も勤務時間も自分に合ったものを探すことが出来るので、子育てと仕事を両立しやすいというメリットがあります。

 

 

子育て中なので、毎日勤務することは無理だけど空いた時間には働きたいと希望する看護師も少なくありません。単発の仕事をすることができるのも派遣会社で働く大きなメリットです。

 

病院と雇用契約を結ぶとやめづらい、夜勤をしなくてはいけないのではないかと不安も大きくなります。そのため働くことに躊躇することも多いのですが、派遣会社の場合は、自分の希望する条件に合わせて職場を選択することも出来るのです。

 

そのため子育て中でも調整をつけながら働くことが出来るというメリットがあります。

 

 

子育て中の看護師が派遣をするデメリット

 

子育て中の看護師が派遣をするデメリットは次の2つのものがあります。

 

  • 経験がないと仕事をすることが難しいことがある
  • 勤務の急な変更はできない

 

 

派遣看護師をする場合、即戦力が求められます。その分野の知識がない人に一から指導を行う時間はないからです。

 

事業所は業務の手順の説明などはしてくれますが、それに対応してすぐに仕事が出来る人を望んでいるので、ある程度の知識と経験がないと仕事をすることが難しい場合があります。

 

 

また派遣看護師をする場合、人材を募集している案件を見て事前に仕事日の調整を行います。そのため急に明日時間があるから仕事をしたいといっても無理ですし、反対に急に子供の調子が悪いので休みたいということも出来ません。

 

子育てのサポート体制があり、急な変更がないように調整できるような人でなければ、派遣看護師として働くことが難しいというデメリットがあります。

 

 

それを考慮すると、子供が未就学児である場合は、子育てにかかる時間が多く仕事に費やす時間がないので派遣をすることは難しいでしょう。

 

また保育園や幼稚園に通い始めても慣れるまでは体調を壊すこともありますし、子供の体力がついて生活が確立されてからのほうが、仕事日の計画も立てやすいです。そのため子供が幼稚園年中さん、5歳程度になってからの方が看護師派遣という働き方はおススメです。

 

看護師の様々な働き方についてはこちら!

知らなきゃソン!看護師を辞めたい人に知ってほしい働き方!