看護師を辞めたい

【実体験付】看護師のパワハラ事例&対策は?

 

医療現場は過酷な職場です。常に患者の命がかかっているというプレッシャーがありますので、心身ともに疲弊してしまいがちです。

 

人間、疲れると忍耐力がなくなってより感情的な行動をとりやすくなり、結果的にに看護師の働く医療現場ではパワハラがよく起こりがちといわれています。

 

 

では具体的に、医療の現場で働く看護師はどのようなパワハラを受けてるのでしょうか。具体例&対策について、実際にパワハラを受けた看護師さんの体験談とともに見ていきたいと思います。

 

 

 

パワハラ事例1.患者の前でできない看護師といわれた

 

私が新卒のころの出来事です。

 

患者から見ればどの看護師も立派な看護師。だから、どの看護師でも相談できると思って、患者からいろいろなことを言われることがあります。

 

私も対応できることはしますし、新人では対応できないことは先輩に対応してもらうこともありました。

 

 

そんな時に私が対応した患者からクレームがきたのです。私が患者の退院の際に入院費の請求書を渡したのですが、それに対するクレーム。

 

事務や医師なども対応し、大事にはならずに解決をしたのですが、その時の医師の一言で、パワハラだと感じることがありました。

 

 

その言葉は、仕事の出来ない知識もない看護師が対応して申し訳ありませんということ。この言葉を聞いて私はかなりショックを受けました。

 

完全に責任は、看護師にあるという言い方ですし、看護師としての能力がないといっているのですから。ここから、その医師への不信感を抱くようになりましたね。

 

対策は?

 

もし、こういった発言を患者の前でされたなら一度師長に報告してみるべきなのかもしれません。またその言葉を聞いている人がほかにもいるようなら、一緒に報告をしてもらうことも出来ますね。

 

 

私の場合は実際に師長に報告をしました。師長からは、医師にそのように言われて悔しかったら、そういわれないように立派な看護師になればいいと励まされました。

 

もし大きな病院だとパワハラ対策委員会などもあるでしょう。師長が必要だと考えれば、更に病院の上に報告をすることも可能になるはずです。

 

 

ちなみに医師のパワハラに関してはこちらのページでも対策をご紹介していますのでよければ参考にして頂ければと思います。

 

医師から怒鳴られる看護師!パワハラ対策は!?

 

 

パワハラ事例2.勤務を勝手に入れられること

 

看護師の仕事は交代制ですし、みんなが協力して働くべきだと思っています。そのため希望の休み以外は、なるべく勤務の希望は出さないようにしていました。

 

そんな時希望の休みにはしていなかったけれど、たまたま休みがついており、そこに後から予定を入れたのですが、そのあと急に勤務変更があり日勤に変わったのです。

 

 

私の予定も聞かずにです。プライベートをまったく無視した勤務変更で、病棟のシフト繰りのためだけに勤務を入れられ、「これってパワハラでは?」と思わずにいられませんでした。

 

対策は?

 

この場合の対策はとても難しいと思います。誰かが病気になった時には、急に休むことだってあるでしょう。自分が逆の立場になることはあります。

 

その場合は、勤務変更でみんなに迷惑をかけることもあるかもしれません。そのためお互い様だと思って、勤務を受けることも多いです。

 

しかしプライベートの時間を左右されるのも不本意です。もしも予定を入れてしまった場合は、あらかじめ勤務変更は受けられないということを伝え先手をうっておくことが大切だと思います。

 

 

 

パワハラ事例3.上司が無視する

 

私が昔、働いてた病棟に転職してきた看護師がいました。その人は、中堅層で経験も豊富で仕事は出来る人。しかし新しい病院に来て、そのやり方に慣れるまでは、仕事に戸惑うことが多かったようです。

 

通常、中途採用で入職してもオリエンテーションなどがきちんと行われます。しかしそれですべてを把握することは難しく、仕事をしながらだんだんその病院のやり方になれていくのが普通です。

 

 

その看護師もオリエンテーションは一通り受けましたが、その後、上司が何も教えなくなってしまいました。その看護師の態度や性格的に師長とは合わなかったのかもしれません。

 

看護師がわからなくて質問をしても答えないし、もう教えたからわかるでしょう?と、師長を支持する中堅層の看護師も何も教えないありさまです。

 

もしも患者の急変やトラブルが起こっても通常は、師長や主任が医師に報告をするところ、その看護師の時には自分で報告をしないさいと突き放すだけなのですね。

 

結局その看護師は、1年間はその病棟で耐えましたが、仕事のやりにくさから異動を申し出て病棟を変わっていきました。これってまさしく上司と合わないからこそ起こったパワハラだと思います。

 

 

対策は?

 

こんな時には、看護師長ではなく看護部長に相談する方法もあると思います。

 

ただ、看護部長と看護師長の仲が良い場合、この方法はあまり効果がないでしょう。そんなときは、人間関係を改善するためのカウンセラーを病院に置いていることもあるので、利用してみるのも一つの手かと思います。

 

 

他人は変えられないので、こんなときは自分を変えるしかありませんからね。しかし、そのようなシステムがなかったり、「あの人に合わせるなんて絶対嫌だ!」と、自分を変える気もサラサラないという場合、やはり異動や転職が問題解決の有効な手段となるでしょう。

 

もちろん、人間関係が転職によって解決するとは限りませんが、ある程度の期間、上司に合わせる努力をしているものの一向に関係が改善する見通しがないのなら、”潮時”というのを意識したほうがいいのではないかと思います。

 

 

ちなみに、転職といってもブラック病院への転職には注意してください。ブラック病院に転職してしまっては、職場環境が悪い分、パワハラやモラハラも蔓延している可能性がありますからね。

 

また、最近では看護師専門の転職サイトを利用して転職する看護師も増えていますが、こういったサービスを盲信してしまうと痛い目にあいますので注意しながら使う必要があります。

 

以上。パワハラを受けていて「看護師辞めたい…」と悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

 

TOPページに戻る

看護師を辞めたい人に知ってほしい働き方!

 

 

あなたにおススメの関連ページはこちら