看護師を辞めたい

看護師1年目〜3年目で辞めたくなる人ケーススタディ!

看護師1年目で辞めたい

 

辛い看護学校の実習を乗り越え国家試験を無事に合格し、やっと看護師になったのに、就職してみたらその仕事の辛さにやめたいと考える人も少なくありません。

 

看護師の離職率が高いことは以前より問題になっており、病院でも看護師が快適に働けるように病院は環境を整えることに力を入れていますが、それにも関わらず辞める人は依然として少なくありません。

 

どのようなことが理由となるのでしょうか?今回は、その理由を考えながら、看護師1〜3年目で辞めたい人へのアドバイスと転職タイミングをご紹介していきたいと思います。

 

 

看護師1年目で辞めたくなるケース

 

看護師1年目は、看護師になったという決意を胸に病院に就職をしてきます。ですが、看護師の国家資格は取れたけれど看護師としてはまだまだ未熟です。

 

そのため新人教育を受けながら、看護師としての仕事が始まります。業務、処置、ケア、記録など初めてのことばかりで、不安いっぱい。毎日の振り返りで精いっぱいで、自分のことを考える余裕もないほど。

 

 

しかしふと振り返った時に、「あれ?なんだか疲れたな…失敗が多くてなんだか看護師が向いていないのかも…」と思ってしまうことがあるのですね。この看護師としての適性に疑問を感じた時にやめたいと思ってしまう人が多いのです。

 

看護師としての適性だけではありません。病院、病棟への適性、またほかのスタッフや患者との人間関係の適性に疑問を持つことが、辞めたくなりがちな理由の一つになります。

 

 

しかし看護師の適性というのは、1年程度ではまだわかりません。看護師は科を移動することもありますし、何年たっても自分に看護師があっているかどうかがわからないといいながら働く人もいてるぐらいですからね。

 

そのため看護師1年目で適性があるかどうかと考えることはまだ早いといえます。大切なのは、目の前にある現状を精いっぱいやってみるということでしょう。

 

 

 

 

看護師2年目で辞めたくなるケース

 

看護師の2年目になると、新人教育は一通りクリアし、業務、処置、ケアなどの一連のことが出来るようになってくるころです。そのため、自分の受け持ち患者が決まり、看護計画を立てたりそれを実施したり、患者とかかわることもどんどん増えてきます。

 

しかし2年目になっても、まだ急変や特殊な処置など経験をしたことがないケースも少なくなく、まったくの未経験ということもあります。

 

しかし同期内ではすで何人かはいろいろ経験しているということも…。これはたまたま勤務タイミングということもあるのですが、同じように経験を重ねても、同期内で差が出てしまうことが少なくないのです。

 

 

そんな同期の差が浮き彫りになってきたり、仕事がわかるようになってきたからこそ、医師や看護師、そして患者とのかかわりが大変だと思い、仕事をやめたいと思ってしまうことが少なくありません。

 

それでも看護師2年目の差は微々たるもの。未経験でも必ず看護師として勤務していれば、経験する時がやってきます。2年目で大切なことは、少し看護について理解が出来てきたからこそ、自己学習を進めておくこと。それが自分のスキルアップにもつながります。

 

 

 

 

看護師3年目で辞めたくなるケース

 

看護師3年目になると、看護研究や事例検討など行って、トータル的にケアする、分析するという仕事が加わってきます。これをクリアすることによってだんだんリーダー業務が出来るようになっていくのですね。

 

それらの業務を行うということは、今度は看護師としての判断能力や段取りを求められるようになりますし、患者とのかかわりも大きくなり責任も重たくなります。

 

この責任の重さや仕事量の多さにまいってしまい、「この仕事って向いていないかも…」と思う人も出てきます。ここで、実際に3年目で辞めたくなった看護師さんの体験談をご紹介したいと思います。

 

 

3年目で猛烈に看護師を辞めたくなった体験談

 

内科病棟で働いていた3年目の時に猛烈に辞めたいという気持ちに襲われたことがあります。

 

3年目になると一通りの仕事はこなせるようになり、自分に自信が付き始めた頃でした。新人の指導を任せられることになり、張り切って挑んだものの上手くいきませんでした。

 

 

新人さんも一生懸命にやってくれているのは分かりますが、やはりプロ意識が甘いと感じることやテキパキと動けないために残業に付き合うなんてこともありました。

 

しかも、新人がミスをすると先輩方に自分も一緒になって怒られなければなりません。新人と二人で夜勤明けに始末書を書いたなんてこともありました。

 

 

また、3年目頃になると院内の委員会にも出席させられるようになりました。「感染対策委員会」「褥瘡対策委員会」などの委員会があり、各部署で代表者が出席するのです。

 

委員会内にも書記や副院長などの分担があるため、看護業務以外の仕事も発生しました。委員会に出席するために資料を集めたり、文書を作成したりと大忙しでした。

 

しかも、夜勤明けでも午後から会議があれば、出てこなければなりません。体力的にも精神的にもいっぱいの状態で働いていたので、仕事で自分もミスをしそうになることがあり、まさに悪循環でした。

 

新人のお世話と委員会をかけもちしていた時は、とにかくテキパキと仕事をこなすことしか考えられず、初心を忘れていました。心のこもった看護をしたいにも関わらず、時間に追われて実行することができず、つらい時期でした。

 

 

 

でもまだまだ3年目。看護師としてもまだこれから成長していく部分が多いです。リーダー業務も責任は伴いますが、必ずサポートをしてくれる人もいるはずです。

 

そのため、一人で抱え込まないで助言を受けながら成長をしていけばいいやという気持ちで仕事に取り組んでいくことが大切です。

 

ただ、これは1年目にも共通することですが、3年目のこの時期に周りにサポートしてくれる人がいないと相当キツイはずです。そんな人は自分の心と相談しながら退職も考えたほうがいいかもしれません。

 

 

また、3年目ともなると新人さんに対しての指導業務(プリセプター)も出てきますが、これにはコーチングの知識がかなり役立つと思います。

 

プリセプターを辞めたい!という看護師に知ってほしいコーチング術!

 

これについては上のページでご紹介していますので、よければ参考にして頂ければと思います。

 

 

転職タイミング

 

仕事がつらくて転職を考えた時、「看護師になって1年もたってないのに辞めるのって…」と思う人も少なくありません。

 

しかし看護師1年目はある意味、辞めて転職を目指すなら適している時だともいえます。それは各病院、新人教育と同様に、第二新卒といって早期に辞めてしまった看護師を再度教育するシステムを整えているからです。

 

看護師といってもまだ仕事が出来なくて当然、第二新卒だからという風にとらえられるので、転職をするときでも即戦力としての期待を持たれずに楽な気持ちで転職できるのではないでしょう。

 

 

また、看護師3年目はまさに”3年目の壁”といわれ一つの区切りになります。病院や業務、ケアや人間関係も一通りわかってきた頃で仕事が面白くなったと感じる人と「このままでいいのか」と疑問を持ち始める人も多くなる時期なのです。

 

実際に3年目でやめてしまう人も少なくありません。また転職を受け入れる病院も3年目は一つの区切りであることを理解しているので、転職のタイミングとしては悪くないでしょう。

 

 

ただ、もしも看護師として就職したけれど転職を考えるという場合は、もう一度よく考えてみることが大切です。

 

職場が合わないから、教育が厳しいなどいろいろな理由がありますが、安易な理由で転職をしてしまうと次の病院でも同じような結果になることもあります。

 

やめてしまうことは簡単です。しかしやめてしまう前に何故同じ病院で働くことがいやなのか、転職をしなければいけない理由があるのかをよく考えることが大切です。

 

 

また、もし転職するとしても転職先がブラック病院でないかどうかも確認しておきたいところです。確かに看護師の職場なんて「どこでもブラックでしょ」と言われればそれまでですが、あなたの想像している以上に環境の悪い職場も存在するものですからね。

 

ブラック病院に転職しないための9つの注意点!

 

 

あと、最近はナースではたらこなどの転職サイトを利用して転職する看護師さんも増えてきましたが、こういったサービスは確かに転職の幅を広げるものの、過度に信用しすぎるのもいけません。

 

あくまで「自分の転職先を選ぶのは自分」という考えのもと使用しなければ痛い目にあうこともあります。下のページで詳しくご紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

 

看護師向け転職サイトで転職を成功させるには!?

 

 

看護師1年目〜3年目で辞めたいと考えている人の参考になれば幸いです。