看護師を辞めたい

男性看護師の使われ方!女性だけの職場はやっぱり大変!

 

30代男性です。看護師として勤務したのはトータルで3年弱です。

 

もともと人の体を治すことのできる医療に関心があり、その一助になる仕事をしたいと思ってに看護師になりました。看護学校に通っているころから男性は以前ほどではなくなっているようですがかなりの少数派だったので、職場でもうまく立ち回らないと苦労するかもという意識はありました。

 

その不安が案の定的中してしまった結果となり、看護の現場に失望をしてしまい、もはや改めて看護の仕事に就きたいという気持ちは失せていきました。

 

自己分析になりますが、私自身の性格はかなり穏やかな性格で、よほどのことがない限りは忍耐強くもあるほうだと思っています。それでもわずかな期間で看護師の仕事を離職することになったことはとても残念です。

 

せめて看護資格を取得していることと、社会が医療や介護をある種の成長分野とみなしていることから、医療関係の会社で一定の役割を果たせるようになっているのが医療への罪滅ぼしになっているかとは思います。

 

ちなみに年収ですが、看護師当時は夜勤の宿直もあったので当時のほうがよかったです。しかし福利厚生の面では現在のほうが優れているので、将来まで見通しが立てやすいですし、平日の日中だけの勤務というのは家族サービスや友人と会うなど自由な時間を作りやすいというメリットを感じています。

 

 

看護師になりたての頃に、地域の中堅の医療機関に採用されました。夜勤も覚悟していたので通勤がしやすいところにしたいと考えていたのでとてもありがたかったです。

 

慢性疾患の患者が多く入院する内科主体の医療機関でした。そのため外科のように患者の手術が頻繁にあるわけでもなく、経過観察をするのみというケースが多くありました。

 

ケアがどの患者もそれほど難易度が高くないということは、とても女性にとって働きやすい職場だということに採用されてから気付きました。

 

 

仕事の待遇面ですが、何よりも福利厚生や待遇面の改善ということがまだまだ中堅の医療機関では遅れていて、勤務当日にはじめて男性看護師の更衣室がないことを知りました。

 

先輩方もそのことに特に不満を言うわけでなく、備品倉庫で着替えて貴重品もおいていくという有様でした。当然女性看護師は人数も多いですが、更衣室がしっかりともうけられていて、鍵のかかるロッカーもひとりひとりあるわけですから、仕事以前に扱いに差があることにすでにむなしさを感じてしまいました。

 

それでも休憩時間には多数を占める女性看護師と顔を合わせることになります。もちろん最優先することは業務の連絡となりますが、それが終われば休憩時間ですからたわいもない雑談をしながら体を休めるということになります。

 

ところがやはりどこまで会話に参加をしていいのかということには常に気を配らないといけませんでした。何気ない日常会話には参加してもいいのですが、ややプライベートがのぞきそうになるとあからさまに避けられているのがわかり孤独感を感じることもありました。

 

 

会話に参加をさせてもらえない理由が女性だけにしかわからない話だからはじめから遠慮をしていてほしいのか、もしかしたら遠ざけようとしているのかを計りかねることもあって、休憩時間にかえってストレスをため込むこともありました。

 

結果的に私の場合は医療機関で男性だからと、これは看護師の仕事ではないようなこともさせられることもあり、職場環境にモチベーションを持続することができなくなってしまいました。

 

 

私自身がどちらかというと仕事の内容のさほど難しくないだろうと思えた医療機関を選んだのだから間違いなく責任はあります。それでも少しでも自分が成長してきているという自覚や目標とすることのできる先輩の存在があれば踏みとどまって頑張っていたかもしれません。

 

おそらくどの医療機関にも言えることですが、近年は業務が忙しくしかも制度の変更まであるので、とても看護師に研修をさせるような時間を組むことは難しくなってきているはずです。

 

だからといって現状維持でいいと思ってしまうとどうしてもモチベーションは低下傾向になってしまいます。特に男性看護師の場合は周囲の多くが女性看護師ばかりという状況になってしまいがちですが、それでも恥ずかしがらずに堂々とわからないことは質問をして自分の経験に昇華していくことがとても大切に思います。

 

女性看護師の間にも複雑な人間関係がある場合もありますからその見極めも必要にはなります。それでも看護の作業を確実に一つ一つ丁寧にこなして信頼できる人材になれれば、もはや職場にとって男女を問わず必要不可欠な存在になります。

 

なかなか毎日の業務を淡々とこなしている中では男性看護師としてどのような将来があるかに不安を感じることもあるはずです。しかし基本に忠実に業務を的確にこなせるようにさえなっていれば、引き合いは多くあるはずですから、未熟な点の克服に努めるようにしましょう。