看護師を辞めたい

結婚後もキャリアをつなぎたい看護師は病棟で働くべき!だけど…

 

看護師として病棟で働き続けること。それは同じ看護師の中でもすごいなあと思うことです。特に結婚をしてもずっと病棟で働き続ける人もいますね。

 

看護師の働き方というのは、結婚前と結婚後では大きく異なります。業務などは変わりありません。変わるのは気持ちの持ちようなのです。

 

結婚をしたら、配偶者ができるため自分勝手に働くことはできないと感じる人が多いです。それでも看護師として働きたいし、これまで積み上げてきたキャリアを壊したくないという人ももちろんいます。

 

そのような人は、結婚前から看護師としての働き方をよく旦那さんと話し合って、自分の将来を見据えている人が多いです。

 

 

結婚後も病棟で働き続けるメリットは?

 

それを考えると結婚後も病棟で働くメリットは、キャリアを伸ばすことを視野に入れて働くことが出来るということでしょうか。特に看護師は今、いろいろなキャリアアップの方法があります。

 

認定看護師や専門看護師、特定看護師といったものもあります。これらになるためには、一定の看護経験がもちろん必要です。そのため、結婚を理由に病棟をやめるとキャリアを築くことができません。

 

病棟に勤務すると、その経験を積んでいけるというメリットがあります。

 

 

結婚後も病棟で働き続けるデメリットは?

 

ただ、病棟で働き続けていると「生活が不規則になってしまう」というデメリットも当然無視できません。特に病棟は2交代制や3交代性で夜勤がありますから、配偶者は仕事を終えて自宅にいるのに、自分は仕事で出勤ということもあります。

 

結婚したにも関わらず、二人がそろって自宅で過ごす時間が少ないので、配偶者から不満が出ることもあります。お互いの仕事や生活のスタイルが違いを理解できているといいのですが、そうでなければ不満が出てくるので、生活スタイルの違いが、二人のもめごとの原因になることが多いのです。

 

 

 

上のページでもご紹介していますが、もし今病棟で働いていて絶対に夜勤に入らなければならない看護師の場合、病棟勤務のデメリットを回避するには、粘り強く「夜勤なしの病棟勤務」が可能な求人を探すしかりありません。

 

これなら結婚後も看護師としてのキャリアをつなぎつつ、結婚生活を維持できる可能性も高いです。

 

 

ただ、難点としてこういった求人はなかなか世に出回っていません。どのような病院も「夜勤のできる看護師」を探しているものですからね。

 

なので、転職活動期間も必然的に長期になることが多いです。つまり、こういった職場への転職を狙うなら長期的に求人に対して応募していく必要があることを覚えておいてください。

 

ちなみに看護師の転職活動におススメなのがこちら。

 

看護のお仕事

 

 

見やすく使いやすいウェブサイトが特徴で、全国12万件以上の求人を保有している看護のお仕事。こちらのサービスを通じて転職すると、看護のお仕事から最大で12万円の転職支援金をもらえるのも特徴の一つです。

 

 

まとめ

 

これらをまとめてみると、看護師としてのキャリアを伸ばしていきたいという人は、病棟での勤務がおすすめです。

 

ちなみに夜勤があると昼間は夫がいないので、昼間の時間を自由に使うことが出来、自分だけのために時間を確保することが出来るというメリットもあるので、結婚してもプライベートを重視する人にはおすすめです。

 

逆に結婚後に夜勤をして自分が不在であることが夫に対して申し訳ないと考える人は、病棟勤務はやめておくべきでしょう。

 

看護師の仕事って、働いているときは緊張しますよね。命を預かる現場ですから。その間は配偶者のことを全く気にしていないことが多いです。

 

しかし一旦仕事が終わると、申し訳ないと感じることもあるもので、自分自身の気持ちが疲れてしまって精神的に病棟勤務を続けていくことが難しくなることもあります。

 

もし、病棟勤務を続けていてそうなってしまったのなら、その時はあなたが一度、看護師としての働き方を考え直すべきときなのかもしれませんね。

 

ちなみに結婚後、どのような職場が看護師にとって働きやすいのでしょうか?下のページでご紹介していますので、よければ参考にして頂ければと思います。

 

 

 

看護師として結婚後も「病棟で働こうか」迷っている人の参考になれば幸いです。