看護師を辞めたい

産婦人科の看護師を辞めたくなったときの対処法!

 

人の「生」と関わることができ、神秘的で奥深い科として看護師の人気をあつめる「産婦人科」ですが、実際に働いてみたら「想像していた仕事と違った…」とリアリティギャップを感じる人も多いです。

 

どのような仕事でもギャップはあるものですが、それがあまりに大きかった場合「やめたい…」と考えるようになってしまっても不思議ではありません。

 

 

また産婦人科では「助産師」との人間関係も働き続けられるかどうかを分けるキーポイントになります。では具体的になぜ辞めたいと考え、それにどうやって対処していけばいいのか考えていきたいと思います。

 

 

決して「生の喜び」だけがある科ではない

 

産婦人科で働きたいと考えている看護師のほとんどが「赤ちゃんが産まれてくるのをお手伝いしたい!」など、生命の誕生に関われるからというのが最大の理由だと思います。

 

しかし、産婦人科での仕事は決してポジティブなものだけではなく、お産の甲斐なく死んでしまった赤ちゃんへの対処、そして精神的にショックを受けている人に対してうまくコミュニケーションをとらなければならないなど、辛いことも多くあります。

 

 

また、理由あって中絶を望む女性もいます。中にはすでに手足がはっきりと分かる赤ちゃんを中絶しなければならないこともあります。

 

こういった現実と向き合っているうちに辛くなり、「もうやめたい…」と考えるようになっても不思議ではありません。精神的にタフでなければなかなか続けられない職場といえます。

 

 

ただ、産婦人科で働いているとそんな悪いことばかりではありません。不安に感じている妊婦さんのお世話をし、無事出産を終えた後に「本当にありがとうございました!」と元気な赤ちゃんと一緒に退院していくのを見ると「疲れが吹っ飛んだ!」という経験をした人もいると思います。

 

本当に産婦人科は奥の深い科だと思いますが、こういった経験を通して徐々に「産婦人科の面白み」にもきっと気づけるはずです。そうなればやりがいも見出せます。

 

 

それでも、どうしても「産婦人科での仕事が辛い…」というのであれば、やはり総合病院で働いているなら異動したり、単科の病院なのだったり転職したりするしか方法はないのではと思います。

 

整形外科や精神科などでは患者の死に直面することも少ないでしょうから、また違った気持ちで看護師という仕事に向き合えるのではと思います。

 

 

産褥婦に関わる業務が思ったよりできない

 

また、看護師資格があれば産婦人科で働くことは可能ですが、やはり助産師との知識差は大きく、産婦人科でのメインの仕事は主に助産師が行います。

 

お産の直接介助などはもちろん助産師が行い、看護師は通常の看護業務(血圧測定、血圧検査、尿検査など)の範囲内のことしかできません。

 

こういった状況のなか「もっと深く妊産婦の人たちと関われると思っていたのに…」と、イメージしていた仕事と少し違っていたために辞めたいと感じる人もいます。

 

 

また、総合病院などの産婦人科の場合、他科からの患者を受け入れて患者を受け入れて混合病棟科しているので、実際には「高齢者の介護やリハビリの介助をしたりしている」なんてケースもあるようです。

 

もしもこれから産婦人科に入ろうとしている人がいるならしっかりと「具体的にどのような業務に携わることになるのか」しっかりと事前に調べ、ギャップが無いようにしてから入職するようにしておきたいところです。

 

 

対策としては一度、産婦人科で働いてみて「やっぱり私には産婦人科が向いている!」と思えたなら、これからは助産師の資格を取得するために行動していってみてはいかがでしょうか。

 

病院によっては「助産師資格支援制度」がある病院もあります。助産師になるためには養成所へ1年間通う必要があり、金額も150万円ほどかかるので「費用が負担できない…」と諦める人もいますが、こういった病院に転職して支援制度をうけることができれば、働きながら資格を取得することも可能でしょう。

 

 

助産師になれば看護師のように異動させられることもありませんし、給与に関しても看護師より高い給与がもらえます。なので、産婦人科の仕事をしてみて「自分に合っている!」と感じた人は、そういったキャリアアップのための転職も考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

助産師との人間関係がギスギスしている

 

また、産婦人科ではどうしても「助産師がメインで看護師がその下」と位置関係を考えてしまう人もいて、助産師が看護師を見下してしまうケース、や逆に看護師が助産師に食って掛かるような人もいるようです。

 

そんな職場ではやはり人間関係がギスギスしてしまい、続けるのがストレスに感じてしまうこともあるようです。また、産婦人科はクリニックのの看護師求人も多いですが、場合によってはクリニックという環境も人間関係の悪さに拍車をかけることがあるように思います。

 

クリニックを辞めたくなった看護師の体験談をご紹介!

 

 

産婦人科のクリニックに転職しようと考えている方はこちらのページもぜひ確認しておいて頂ければと思います。

 

 

上のページでも解説していますが、こういった人間関係にどうしても我慢できない場合、先ずは師長(上司)に相談してみてください。必要に応じて異動などの対策もとってくれるでしょう。

 

ただ、師長がちゃんと対応してくれなかったり、クリニックで他に異動先が無いという場合はもはや転職して新しい職場を探すしか解決策はないのではと思います。

 

もちろん、続けていれば問題のある助産師(or 看護師)が辞めていくことも十分に考えられますので、耐えられるのであれば続ければいいかもしれません。しかし、当サイトで何度もお伝えしている通り、「病んでしまってまで続けるべき仕事なんて無い」です。

 

 

人間関係なんてどこにいこうがあるものですが、「病んでしまうほど人間関係に問題のある職場」となると話も違います。結局はあなた自身と相談する必要がありますが、しっかりと自分の精神状態を判断して決断していただければと思います。(もちろん、冷静に自分の精神状態を判断するためには心療内科で診てもらう必要もあるでしょう)

 

 

 

続けるも正解、やめるも正解

 

看護師が産婦人科を辞めたくなる主な理由についてご紹介しました。辞めたくなる理由が違えば対処法も変わってきますが、何らかの参考になれば幸いです。

 

ただ、どれだけネット上で情報を得ようとも「どうしても辞めるか辞めないか踏ん切りがつかない」と悩んでいる人もいます。そういった人は「辞めるのが”正しい”選択なのか、続けるのが”正しい”選択なのか」という2者択一で考えてしまっているのかもしれません。

 

 

人生長く生きればいきるほど、決断しなければならない場面も増えてくるでしょう。その中でも「仕事を辞めるか、辞めないか」というのは比較的”大きな決断”の部類に入ると思います。

 

なので、ついつい「どっちがホントに正解なんだろうか…」と、自分にとっての正しい決断をしようとする、つまり「ミスを犯したくない!」気持ちが出てくるのはよく理解できます。

 

 

しかし、赤ちゃんがミスを犯しながら新しいことを学んでいくように、私たちも新しいことを学ぶ過程において必ずミスをするものです。特に「仕事を辞めるか辞めないか」なんて、そう何度も経験する悩みではありませんからね。

 

そこでもしあなたが仕事を辞めたとして、その後に転職活動に失敗して「辞めたのは失敗だったな…」と思ったとしても、それは実際には失敗ではありません。アナタは失敗したことによって新しい「学び」を得たからです。

 

 

そうすれば、「次の仕事は簡単に辞めてしまうのではなく、ちょっと苦しいことがあったとしてもできるだけ長く続けるようにしよう」とか、「自分にとって長く続けられる職場ってどういうところなんだろう…。そんな職場にはどうやったら転職できるんだろう…」と考えるようになり、結果的によりよい職場に出会えるかもしれません。

 

こうなれば短期的には「失敗」かもしれませんが、長期的にみたらあなたの決断は「成功」です。

 

 

これは同じように「仕事を続けた場合」にもいえます。つまり、大切なのは「辞めたい!」と感じた結果、あなた自身が悩み、考えた上で決断するというプロセスであって、その後に生じる結果には「正しい」も「間違い」もないです。

 

 

「辞めたい」と思いながらも続けるも正解、本当に辞めてしまうのも正解。無責任に聞こえるかもしれませんがどっちでもいいということですね。

 

「こっちは仕事を辞めようか続けようか真剣に悩んでいるのにどっちでもいいとはどういうことだ!」と怒られるかもしれませんが、大抵の悩みは後々考えたら「何であんなに悩んでいたんだろう…」と思ってしまうようなことです。

 

 

こう考えたら少しは悩みも楽になるのではないかと思います。ちなみに看護師として違う職場に転職するのにおススメの看護師向け転職サイトがこちら。

 

看護のお仕事

 

見やすく使いやすいウェブサイトが特徴で、全国12万件以上の求人を保有している看護のお仕事。こちらのサービスを通じて転職すると、看護のお仕事から最大で12万円の転職支援金をもらえるのも特徴の一つです。

 

産婦人科の看護師を辞めたいという人の参考になれば幸いです。