看護師を辞めたい

ICU看護師は辛い!?-辞めたくなった時はどう決断する!?

 

テレビドラマの影響もあり、救命救急を志望する新卒看護師も多いようですが、実際にICUに入職してみると「とてもじゃないけどついていけない…」と辛い思いをする看護師さんも多いです。

 

ICUに入ってくる患者はみんな、状態が非常に不安定なため「一つのミスが患者の命を左右する」という緊張感が常に漂う職場で働くことになります。

 

もちろん、ICUでなくても看護師は患者の命を預かる仕事なのですから、どんな職場でも緊張感はありますが、ICUほど急変がおおい職場も少ないでしょう。

 

 

このような職場ですから、看護技術はもちろんのこと、知識についても非常に重要です。急変が起こってから先輩看護師に質問するわけにもいきませんからね。

 

また、ICUでは治療の甲斐なくなくなってしまう人も必然的に多くなります。取り乱している家族の方に冷静に説明するなど、精神的なタフさも要求される職場です。

 

正直いって「ついていけない看護師が出てきても仕方ない」ような職場ともいえるのがICUという職場ではないでしょうか。

 

 

ICUを辞めるべき人ってどんな人?

 

ただ、どれだけ辛い内容の仕事でも結局、続けていれば「慣れる」ものです。しかし、仕事に慣れてきたとしても「やりがい」を感じられなければどうしても続けられないものです。

 

もし、これまで療養型の病棟で働いてきて患者一人ひとりにじっくりと向き合った看護にやりがいを見出していた人にとって、急にICUに異動になったりすると、最初はその大きな看護の違いにショックを受ける人が多いです。

 

 

ICUは重症で意識がない人がほとんどで、話せたとしてもゆっくり話している時間なんてありません。ICUの”できる看護師”というのは「患者としっかりコミュニケーションをとって安心させられる」人ではなく「これまでの経験や知識から患者の状態を迅速に判断し、正確なアセスメントができる人」です。

 

このため、根本的に「やりがいを感じるポイントが違う」と思います。ここがしっくりこなければICUではあまり長く続かないかもしれませんね。

 

 

また、ICUは日勤はもちろん、夜勤でも忙しいので単純に体力がついていかないという理由で辞めていく人も多いです。

 

年齢を重ねれば重ねるほど体力は落ちていき、夜勤も辛くなってきます。体力的な面で限界を感じているのであれば、そろそろ違う職場を探すべきタイミングなのかもしれません。

 

 

ICUの看護師を辞めたくなったときの異動先?転職先は?

 

では、ICUの看護師を実際に辞めて異動する、または転職するとなった場合、どういった異動先、転職先が考えられるのでしょうか。

 

 

当然ながら、それはあなたが「どういった理由でICUを辞めたくなったのか」によっても変わってきます。例えば先ほどの例のように「やっぱりじっくりと患者さんに向き合った看護がしたい!」というのであれば、療養型病棟やもしく介護施設、デイサービスといった施設で働くことも考えられます。

 

また、体力的な問題で限界を感じ「もう夜勤自体辛い…」というのであればクリニックや特養、老人ホームといった転職先も考えられるでしょう。

 

夜勤に耐えられず看護師を辞めたい!という人の対応策は!?

 

 

また、「ICUの人間関係が嫌で辞めたくなった!」という場合…。ICUはやはり慢性的にストレスのかかる職場ですので、人間関係がギスギスしているところも多いです。

 

しかし、それと「いじめ」などの問題は違います。そういった問題は上の人間である「師長」がしっかりしている人なら対処してくれるはずですので。

 

なので、もしもICU自体の仕事は好きだったけど、「職場での陰湿ないじめなどが嫌で辞めたい」という人の場合、違う病院のICUに転職するのがいいと思います。せっかくやりがいが感じられる職場を見つけられたのですから、それを手放すのは勿体無いと思いますので。

 

 

ブラック病院に転職しないための9つの注意点!

 

ただ、その際は病院選びには十分注意するようにしてください。「ICUだったらどこでもいいや!」と思って適当に転職してしまったりすると、後で痛い目にあう可能性が大きいですので。

 

 

人間には向き、不向きがある

 

新卒でいきなりICUに就職すれば、大きなストレスを感じることになるのは必死です。どうしても、「辞めたい…。他の科に移りたい…」と考えてしまうことも多いと思います。

 

しかし、いきなり自分の可能性を狭めてしまうのではなく、「与えられた仕事はなんでも体当たりの気持ちでトライしてみる!」ぐらいの気持ちの方が、今後、看護師としてより成長していけると思います。

 

 

しかし、「人には向き不向きがある」というのも事実です。何年も勤めた科が「やっぱり無理!わたしにはどうしても合わない!」とやめて心機一転、違う科に勤めだすと仕事内容が合っていたのか、急にイキイキしだす人もいます。

 

どちらも正しいのです。つまり「続けるのも正解、どうしても無理なら辞めるのも正解」なんです。ただ、唯一注意してもらいたいのは「限界を感じ、精神的に病んできているのに薬を飲んでまだ続けようとする」ようなときです。

 

 

続けるのは正解といっても、心が壊れてしまえば、二度と立ち直れない可能性もあるのです。なので、自分の限界をわきまえつつ、働き続けれるなら続ける、辞めるなら辞めるをアナタ自身で決断していただければと思います。

 

自分のことを守れるのはやっぱり「自分自身」ですからね。「ICU辞めたい…」と悩んでいる看護師さんの参考になれば幸いです。

 

ちなみに「ICUを辞める!」という方におススメのサービスがこちら。

 

ナースではたらこ

 

看護師専門の転職サイト「ナースではたらこ」です。看護師として転職を考えている方の参考になれば幸いです。