看護師を辞めたい

看護師を「一ヶ月で辞めたい!」という人へのアドバイスは!?

 

1ヶ月でその仕事が本当に面白いか、面白くないかなんて分からないのでもうちょっと続けてください。

 

 

そうすれば「あれ…もしかするとこの仕事面白いかも…」なんて感じ出して、気づいたら辞めたいという気持ちなくなっているかもしれません。それを1ヶ月で判断するには少し早すぎる気がします。

 

 

1ヶ月で辞めるべき状況ってどんなとき?

 

ただ、いじめが横行していて師長もそれを黙認している、さらに毎日長時間残業にも関わらず残業代は全く出ず、離職率が異常に高く辞めていくのは優秀な人ばかり、給料も大して高くなく、医師が看護師によくちょっかいをかけて風紀は乱れ、連日の夜勤で就職1ヶ月ですでにお肌も心もボロボロ…。

 

そんな職場なら「私の目が節穴だった…」といっておとなしくすぐに辞めてもいいのではと思います。そんな職場よりいい職場は確実に存在しますので。安心してください。

 

 

もしそこまで酷くなく、「まだ我慢はできるかな…」と思えたならもう少し続けてみてはいかがでしょうか。

 

 

異動後、転職後に1ヶ月で辞めたいという場合

 

異動後、転職後でも同じはなしです。

 

誰しも新しい環境に慣れるのには時間がかかり、最初の頃は辞めたいと思ってしまうものです。しかし、時間が経過するにつれて徐々にそういった感覚はなくなっていくものだと思います。

 

 

でも、異動後(転職後)に初めから「明らかに職場の環境が最悪」という場合…。(例えば先ほどご紹介したような職場の状態ですね) そんなときはわざわざ職場になれようとする必要もないのではないかと思います。

 

異動させられた人はもとの職場に戻してもらうように師長に相談したりすればいいのではないでしょうか。転職した人の場合、早いうちに次の転職先を探し始めれば、わざわざそこに転職したことを履歴書に書く必要もないでしょう。

 

中途半端に勤めてから(3ヶ月や半年など)辞めてしまえば、やはり履歴書にへんな空白をあけてしまうことになるため、どうしても職歴を書かざるおえなくなります。そうなったら「なんでこんなに早く辞めてしまったんですか?」と面接官に突っ込まれるのは目に見えていますからね。

 

 

ちなみに「もう1か月だろうが何だろうがもう辞める!」という方は早めに転職活動を始めていただければと思いますが、そんな方におススメなのがこちら。

 

看護のお仕事

 

見やすく使いやすいウェブサイトが特徴で、全国12万件以上の求人を保有している看護のお仕事。こちらのサービスを通じて転職すると、看護のお仕事から最大で12万円の転職支援金をもらえるのも特徴の一つです。

 

 

看護師の求人を紹介してくれる「看護のお仕事」です。24時間、全国対応で使い勝手がよく、転職が成功した際は12万円の転職支援金がもらえる制度が採用されています。

 

どうせ転職するのであればできるだけお得に転職したいですもんね。ぜひ有効に活用して頂ければと思います。

 

1ヶ月で既にやめたい…という方の参考になれば幸いです。