看護師を辞めたい

「昇給無し!」で看護師辞めたい!?給料アップ方法は!?

看護師として働いているものの「まったく昇給しない!」という理由から、焦って「本当にこのまま看護師として働いていていいんだろうか…」と悩む方もいます。

 

そもそも、日本看護協会のこちらのページでも書かれているとおり、看護師の給与の上昇率は低く、「寝たきりカーブ」なんていわれているみたいですね。

 

ではなぜ、看護師の給料はこんなにもあがりにくいのでしょうか。

 

 

同じ病院で働き続けていても給与は改善されづらい?

 

看護師の給料が安くて辞めたいと感じたときの対処法でも書いていますが、大きな理由として「診療報酬」制度と「昇任機会の少なさ」の2つが挙げらるのではないかと思います。

 

一般企業と違い、病院は「診療報酬」という国によって定められている利益によって運営されています。このため、病院の運営サイドは「新製品を作って利益を拡大する!」というような方法ではなく、「病院にとって最も負担の大きい人件費をなんとか抑えよう」という方向に考える傾向があります。

 

なので単純に給料はあがりにくいです。さらに、看護師全体の数に対する病院での「役職」も少なく、なかなか昇任(=昇給)の機会に恵まれません。他にも様々な理由があり、看護師の給料は初めの頃こそ他職種に比べて高い傾向にありますが、その差は年々縮まっていき、最後には逆転されてしまいます。

 

 

これでは看護師として働いていても「将来が不安…」と感じてしまっても仕方がありませんが、そこでおススメしたいのが転職です。

 

国公立は違いますが、民間病院なら独自に看護師の給与を決定できるため、病院の考え方の違いによって看護師に対する給与も大きく違います。

 

「よりレベルの高い看護を行うため、看護師にもそれ相応の給与が必要」と考えているような病院なら必然的に給与も高くなりますし、逆に「看護師なんて使いすての道具」ぐらいにしか考えていない病院なら、給与も低くなるでしょう。(もしくは給与が高い代わりに離職率が以上に高い、など)

 

 

昇給制度にしたってそうです。看護師一人ひとりと長い間いい関係を維持していきたいと考えている病院なら、必然的に昇給制度もしっかりと整備されているはずです。

 

特に昇給制度に関しては病院の色がでやすい部分でもあります。昇給制度がしっかりと定められている病院があれば、「院長の気分次第」で決定されるようなところもあると聞きます。(院長の独断で特定の看護師の給料が下げられたり…)

 

 

当然ながら、どうすれば昇給できるのかはっきりと示してくれている病院なら看護師のモチベーションも自然と上がります。もしアナタが働いている病院がそうでないなら、ぜひこの機会をキッカケに転職を考えていただければと思います。

 

 

給料アップの転職を考えるなら転職サイトがおススメ

 

そして給料アップを考えての転職ならぜひ転職サイトを使ってみてください。看護師の転職方法としては「ナースセンター」や「転職サイト」「雑誌に載っていた求人に応募する」など、確かに様々な方法があります。

 

しかし、こういった自分で転職を進めるような方法とは違って、転職サイトを使ったときは担当者の人があなたの代わりに給与面の条件交渉をしてくれます。

 

 

はっきりいって交渉は慣れている人にお任せするのが一番です。慣れていない人がやったら「自分でも気づかないうちに無理な要求を相手に投げかけて、せっかくの求人を棒に振ってしまう」ような人も多いです。(面接中に自分で「給料をもっと上げてください!」と、自分からいうのは難しいですよね)

 

なので、こんなときこそ転職サイトの担当者に頼んでみてください。ちなみにそんな転職サイトでおすすめなのがこちら。

 

看護のお仕事

 

見やすく使いやすいウェブサイトが特徴で、全国12万件以上の求人を保有している看護のお仕事。こちらのサービスを通じて転職すると、看護のお仕事から最大で12万円の転職支援金をもらえるのも特徴の一つです。

 

 

どうせ転職するのであればできるだけお得に転職したいですもんね。ぜひ有効に活用して頂ければと思いますが、転職する場合には「ブラック病院」には注意してください。ブラック病院に転職してしまっては、またすぐに転職しなおす羽目になってしまいますので。

 

 

「昇給が無くて悩んでいる」…という看護師さんの参考になれば幸いです。