看護師を辞めたい

ブラック病院&施設に転職しないために注意すべきポイントは!?

ブラック病院に転職しないための注意点は!?

 

看護師として働いていると「もう辞めたい…」と思ってしまうことぐらい1度や2度はあるものです。しかし、それが毎日ともなると、あなたの働いている病院はかなりブラックな職場のかもしれませんね。

 

ところで、ブラック病院や施設とはどのような病院のことをいうのでしょうか。

 

 

  • 離職率がとにかく高い(新人の大量採用&大量退職)
  • サービス残業が当たり前で残業代が全くでない
  • 休日が(ほぼ)ない(休日なかったら働けません)
  • 職場内のいじめがあたりまえになっている。師長もそれを黙認している
  • そもそも師長がいじめてる
  • 看護部長や副部長が天下り(or コネ)で入職

 

ブラック病院の定義には他にもいろいろあると思います。看護師も人間ですからね。限界というものがあります。

 

 

こんな病院や施設で働いていれば看護師自体を辞めたくなるかもしれませんが、そんな病院で働き続けようとするのがそもそも間違いです。

 

とはいうものの「次の転職先がまたブラック病院だったら…」なんて想像すると、怖くて転職しようとする気すらおきないかもしれません。

 

 

では転職する際にブラック病院を見分けることはできないのでしょうか。ブラック病院を見分けるためのポイントを

 

  • 求人
  • 病院見学
  • 面接

 

これら3つのポイントに分けて解説していきたいと思います。

 

 

求人

求人

 

先ず第一のブラック病院を見分けるポイントは求人です。病院見学や面接に行く前にもブラック病院を判断する材料は多く存在します。

 

求人内容を見て「給料が安いからここはダメ…」、「福利厚生がイマイチ…」と求人内容をみるのも勿論大切ですが、他にも確認すべきポイントはあります。

 

ただ、この情報だけでは本当のところはどうなのかは分かりませんのであくまで判断材料程度に考え、次の病院見学や面接で「信憑性はどうなのか」確かめるようにしましょう。

 

 

求人が常に、どこにでも出ている病院

求人が常に出ている

 

これは看護師の求人だけに限らず、あらゆる業界においていえることですが、常に求人がでている企業(病院)はブラックの可能性が高いです。

 

人が入ってもすぐに辞めていくため、常に求人を出さなければいけないのがその理由になります。

 

 

このため転職先を探す場合、はやめに活動し始め求人情報についても把握しておきたいところです。どの病院の求人がいつも出ている求人なのかなんて、定期的に求人をチェックしておかなければ分かりませんからね。

 

 

また、ハローワークやナースセンターの場合は違いますが、民間の求人サイトに求人を載せようと思うと「何十万円」もの費用が病院側に発生します。

 

このため、どの看護師求人サイトでも確認できる(紹介される)ような求人についても要注意です。その病院は複数のエージェントを利用し、多額の費用を払って求人を出してでも人を増やしたいと考えている病院と考えられますので。

 

 

もちろん、一般的にホワイトといわれる病院でもたまたま看護師の退職者が重なって一時的に人で不足になる場合もありますが、そんな状況はあまり多くありません。確率的に低いです。

 

なので、複数の看護師求人サイトに求人が出ている場合も注意が必要です。

 

 

経験者限定の求人

経験者限定

 

よく言われるのが経験者限定と書かれている求人もまたブラック病院の可能性があるということです。

 

経験者「限定」ということは、裏を返せば「未経験者を育てるだけの環境が整っていない(時間が無い)」ともとれるからです。現場に余裕がないというわけですね。

 

 

人手不足の現場で働いたことのある看護師さんなら当然お分かりでしょうが、人手不足の職場では長く働くのは肉体的にも精神的にもとても辛いものです。

 

人手不足を解消するのが上の人間(マネージャー)の役割なのに、それを放ったらかしにしているということは現場で働いている看護師一人ひとりに負担が重くなります。

 

結果、その職場の看護師は常に疲れている状態です。ストレスが溜まるとそのはけ口を新人などにむけたりしていじめが起こったりし、職場の人間関係も悪くなっていきます。

 

こういった理由から経験者限定の求人にも注意が必要です。

 

 

病床数と看護師数が合わない病院の求人

病床数と看護師数が明らかにあわない

 

病院において必要とされる看護師の人数は計算することができ、その人数を参考に忙しい、忙しくないの基準にすることもできます。

 

 

上の計算式を利用することで病院に必要な看護師数を計算することができますが、例えば、病床数200の7対1看護体制で3交代制の病院に必要な看護師数について計算したいと思います。

 

先ず病床数200で7対1看護体制ということは…

 

200÷7=28.57人(≒29人)

 

つまり1日に29人の看護師が必要になります。そしてこの29人の看護師が3交代制で24時間働くということは…

 

29人×3×8時間=696時間

 

1日に必要な勤務時間数は696時間になります。1ヶ月を31日として計算すると…

 

696時間×31日=21576時間

 

が1ヶ月に必要な総労働時間になります。

 

そしてもしも1日に8時間、週5日で働くとするならば8時間×5日×4週間=160時間が1ヶ月に必要な看護師一人あたりの労働時間になりますので…

 

21576時間÷160時間=134.85人(≒135人)

 

 

まとめると病床数200で看護体制が7対1、3交代制の病院で看護師が1日8時間、週5という条件で働こうと思うと最低135人の看護師が必要となります。(もちろんこれは7対1が適用される”病棟”で働く看護師に必要な人数の計算方法です。病院全体ではありませんのでご注意を)

 

これはあくまで目安で、この計算方法ででた基準を下回ったからといって必ずブラック病院とはいえませんが、この計算式で出た基準を大きく下回る場合は注意しましょう。

 

 

病院見学

病院見学

 

病院見学は”絶対”にするようにしてください。病院見学することで職場で働いている看護師さんの雰囲気も分かりますし、他にも色々なことが見えてきます。

 

「2交代制なのに仮眠室がなかった…」なんて話も聞きますので、可能なら仮眠室や休憩室などできるだけ多くの場所を確認させてもらうようにしましょう。

 

 

看護師の表情はどうか

看護師の表情はどうか

 

わざわざ言うまでもないと思いますが、病院を見学したときはさりげなく看護師の表情をチェックしておきましょう。

 

「なんだか疲れてそう…」

 

「目の下に隈が…」

 

表情からだけでもいろんなことが読み取れます。また、表情だけでなく看護師の白衣が清潔か、タバコ臭くないかなども一緒に確認しておきたいところです。

 

ナースステーションはちゃんと整理されてる?

ナースステーションはちゃんと整理されてる?

 

ナースステーションもぜひ一緒に見学させてもらいましょう。ナースステーションもブラック度合いをはかる上で非常に参考になります。

 

たとえ新築の病院で見た目は新しかったとしてもナースステーションが散らかっていたり、薄汚れていたりする可能性はあります。

 

それはつまり「普段の業務が忙しくて身の回りのことすらままならい」という意味ともとれます。ちなみにこれは病院だけでなく、ブラック企業にもいえることでオフィスが散らかっていたりゴミだらけだとブラック企業の確立が高いといわれています。

 

また、可能なら仮眠室や休憩室もチェックさせてもらいましょう。以外に忘れがちなところですが、もしもアナタが入職すれば長い時間を過ごすことになる場所ですからね。

 

 

20代と50代の多い病院は要注意?

20代50代の看護師が多いときは要注意?

 

また、看護師の年齢層にもぜひ注意しておきたいところです。一般的に「20代や50代が多かったらブラック病院の可能性が高い」と言われています。

 

 

看護師として現場で最も活躍するのが30代です。40代、50代ともなると現場ではなくマネジメントに回る人が多いですし、何より年を重ねると共に体力、集中力が低下し、現場で働く人材としてはやや物足りないかもしれません。

 

20代ではまだまだ経験不足です。なので経験、体力ともにバランスが取れて働き盛りの30代の看護師は現場で中心的な役割を果たすことが多いです。しかし、当然ながら現場の環境が悪ければそんな30代看護師はスグに転職してしまうでしょう。

 

 

経験を積み、現場をグイグイ引っ張ってくれる30代看護師はどのような病院でも需要がありますので、どこでも引っ張りだこです。そんな人材がブラック病院でわざわざ長く勤める意味がありません。

 

必然的にまだまだ経験不足の20代、転職するには年齢的に難しい50代などの看護師が職場に残ります。

 

 

また、そもそもブラック病院ではなくて自然な形で人が辞めていっている病院なら確率的に各年齢層の看護師がまんべんなく在籍していないとおかしいです。

 

なので、病院見学をしたときに年齢層の偏りがある場合は注意が必要です。

 

 

喫煙所は多い?

喫煙所は多い?

 

日本医療機能評価機構の評価基準の一つに「全館禁煙している」「患者や職員に対して禁煙の啓発や教育を行っている」という項目があります。

 

このため、実際に全館禁煙の病院も増えています。「よりよい病院を作っていこう!」と考えているような病院なら当然のはなしですね。

 

 

にも関わらず、病院内に喫煙所が目立って多い場合どうでしょうか。明らかに日本医療機能評価機構の方針とずれていますし、何よりそれだけストレスがあるからタバコを吸ってしまい、喫煙所を失くせばそんな看護師から反対を受けるからなくせない…のかもしれません。

 

判断材料の一つにはなりますので、喫煙所の多い少ないも見学時に一応、一緒に確認しておくようにしましょう。

 

 

面接

面接

 

そしていよいよ面接です。(人によっては面接⇒病院見学という順番かもしれませんね) ついつい緊張してしまいがちな面接ですが、看護師求人サイトを利用してコンサルタントと一緒に面接対策をされた方ならそこまで緊張することもないでしょう。

 

ここまで、求人や病院見学で確認した内容の中で疑問に感じたこともぜひ面接で全て質問して、疑問を解消してから入職するようにしたいところです。

 

 

面接時間が短い

面接時間が短い

 

面接であまり突っ込んだ質問をされず、手ごたえを感じられなくて「ああ…落ちたかな…」と思っていたらなぜか合格通知が来て「やった!」という場合…。少し注意が必要といえます。

 

ブラック病院は人の入れ替わりが激しいのが特徴で、そんな病院にとって看護師は一緒に働く仲間ではなく使い捨ての道具にしかすぎません。

 

このため、その人の内面や「本当にこの人ならうちで長く働いてくれるのか?」なんてことには興味がなく、面接時間も短くなり、面接内容も淡白になりがちです。

 

なので面接時間が短いと感じたにも関わらず受かっていたりする場合は注意が必要です。もう一度、不自然な点が無いか、よくよく確認してみましょう。

 

 

答えづらい質問に対しては回答をごまかす

質問に対しての回答をごまかす

 

残業時間、離職率、職場の雰囲気、昇給制度などに問題を抱えがちのブラック病院の面接官はこれらの質問に対してあまり答えたくないため、あやふやに回答する場合があります。

 

なのでもしも質問して「う〜ん…。どうだったっけな〜」なんて濁されたりすればブラック病院の可能性アリです。面接官がこういったことに関して知らないなんてことは稀です。

 

 

ただ、できれば気になっていることを全部聞いていただきたいのですが、「昇給制度は?」「福利厚生は?」「残業時間は?」なんてことばかり聞いていると「この人は待遇面でしか病院を選んでいないのだろうか…?」なんて思われかねません。

 

このため、こういった聞きづらい質問についてはストレートに聞くのではなく、「御院では可能な限り長く働きたいと考えているのですが、昇給は勤続年数と共に上がっていくのでしょうか。それとも役職がつけば上がるのでしょうか?」のようにやんわりと質問する必要があります。

 

また、こういった聞きづらい質問をする前に「もし入職が決定したと仮定して、それまでに学んでおくべきことはありますか?」などの「入職願望が強いアピール」の質問を最初にしてからの方が、いきなり「お給料は…」と質問するより聞きやすいかもしれません。

 

 

なんにせよ、こういった面接のノウハウは看護師求人サイトのコンサルタントがよく知っていると思いますので、面接までにしっかりと一緒に対策しておいてください。また、聞きづらい質問はコンサルタントを通じて質問してもらうことも可能です。

 

 

ブラック病院をしっかり見極めてまっとうな看護師人生を!

ブラック病院をしっかり見極めてまっとうな看護師人生を!

 

さて、ブラック病院を見極めるポイントを複数ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介したポイントをしっかりと把握しておけば、ブラック病院に入職してしまう可能性はグッと減らすことが出来るのではと思います。

 

 

また、ブラック病院対策を行いながら転職活動を行うなら看護師求人サイトの利用もおススメです。

 

見極めポイント@でもご紹介したとおり、どの求人サイトでも見つかるような病院は「怪しい…」と判断できますし、面接で聞きづらいことを看護師求人サイトのコンサルタントに間接的に聞いてもらうことも可能です。

 

人によっては「面接を受けた後に自分で断るのがきまずくて…」という理由で面接を億劫に感じる人もいるようですが、コンサルタントがあなたの代理でお断りもしてくれますからね。

 

 

ちなみにおススメの看護師求人サイトはこちら。

 

ナースではたらこ

 

 

東証一部上場の株式会社ディップによって運営されている、「ナースではたらこ」になります。全国で常勤、非常勤に関係なく求人を紹介してもらえるので、よければ利用してみてください。

 

 

働く先が変われば人生の幸福度も大きく変わる

 

ブラックな病院で働くのと「普通」の病院で働くのでは、人生に対する幸福感も大きく違ってきます。

 

毎日支払われもしない残業に追われ、「なんで残業代が支払われないの…」と不満を感じて過ごす毎日と、残業は確かにあるものの残業代もしっかりと支払われるため納得できて働ける毎日。もはや雲泥の差です。

 

現場のマネジメントが全く出来ておらず、常に人手不足で職場は常に大忙し。忙しさのあまり先輩看護師はストレスMAXで、職場では常にいじめが起きている…。そんな職場で働いていて果たして幸せと感じられる日がくるのでしょうか。

 

 

人の人生がどんな組織に入るかで決まってしまうなんて「そんなのおかしい!」と思いますが、そんな他人の人生の歯車を狂わせるほどの影響力を持つのがブラック病院です。

 

あなたがもしそんな病院で働いているのだとしたら、ぜひこちらのページを参考にブラック病院からの脱出を図ってもらえればと思います。