看護師を辞めたい

もう辞めたい…!老健の看護師のデメリットとは!?

 

老健(介護保険老人施設)でも看護師は必要とされていますが、老健で働いていても「辞めたい」と感じる瞬間はあるものです。

 

では、老健で働くことのメリットとデメリットとは一体なんなのでしょうか。先ずは実際に老健で働いていた方の体験談をご紹介したいと思います。

 

 

 

私が看護師として老健施設で働いていたのは、結婚をしてからでした。老健施設で働きたいと思ったのは、やっぱり病院と違って、時間的に余裕を持って働けると思ったからです。

 

しかし、その途中で「もう辞めたい…」と思ったことがありますが…、その前に私が老健で働いてみて感じたメリット、デメリットをまとめてみたいと思います。

 

 

メリット

 

看護師として老健施設で働くメリットは、なんと言っても仕事の内容が簡単ということです。

 

病院の場合は、自分が知らない病気の人も入院をしてくることもあって、その都度、勉強をする事が必要となっていました。また、技術力も必要となってくるのですが、老健施設の場合は、大体実施する事が決まっているので、その点で楽です。

 

 

また、緊急性を伴うことが少ないということも、働きやすい職場であると感じます。病院と違って老健の利用者さんは基本的に容態も安定していますので、急変も病棟に比べたら非常に少ないです。

 

やはり、いつ急変するか分からない職場で働くのと、安心した気持ちで働けるのでは、ストレス度合いも全然違います。仕事終わりの「疲労感」が老健と病棟でやはり大きく違いましたので。

 

 

デメリット

 

デメリットといえば、看護師として自分の技術が落ちて行くという、虚しさを感じるということです。いつかままた、病院で働きたいと思っていたので、その時に果たして復帰をする事が出来るだろうかと不安になりました。

 

また、一緒に働く職種の人が介護士さんが多いというのも難しい面です。病院で働いていた看護師さんが介護士さんとの人間関係で戸惑うことはかなり多いと思いますので。

 

そして忘れられないデメリットがやはりお給料が少ないということです。病院で働いていた時の、半分ぐらいになっていました。

 

私の場合、老健で働いていたときは夜勤ナシで働いていましたのでそれも給料に大きく影響しましたね。夜勤ありの病棟で働いていたときの給料と比べると最初はその差にびっくりしました。(やっぱり夜勤による手当ては大きいです)

 

 

ズバリ辞めたいと感じた時は?

 

老健施設で働いていて、辞めたいと感じた時は、介護士さんとの人間関係で辛いと思った時です。

 

看護師の仕事は、入所しているお年寄りのバイタルチェック、胃瘻の処置、胃菅の管理、褥瘡の処置等があります。

 

 

そのような仕事以外でも、看護師さんが忙しくてできない場合は、看護師が行うこともあるのです。看護師は介護士の仕事内容をほとんどできるので、その介護士との仕事内容の境界線が曖昧となってきます。そのことがとても嫌でした。

 

しかし、介護士さんの数が圧倒的に多く、しかも年上ばかりなので、その仕事内容についてはっきりと線を引くことができずにいました。そのことでストレスを感じてしまい、結局、辞職をすることになりました。

 

 

 

老健施設を辞めたくなる理由って?

 

看護師が老健施設を辞めたくなる、主な理由はこちら。

 

  • 給料が低い
  • 看護技術が落ちる
  • 夜勤がある(医師不在のため判断力が必要)
  • 介護士とのコミュニケーションが難しい

 

 

 

給料が安い

 

体験談にもあったとおり、老健では病院よりも医療処置を行う機会が少ないです。容態が安定している人が多いですからね。

 

このため、給料に関しては低くなってしまいます。ただ、夜勤に入ればその分給料も高くなり、病院勤務ともそこまで変わらない平均給与になります。

 

  • 老健(介護保険施設)の給料(夜勤あり):平均450万円
  • 病院(夜勤あり):平均480万円

 

ちなみに給料に関しては地方自治体や社会福祉法人が運営する老健(介護保険老人施設)よりも、民間が運営している「有料老人ホーム」の方が高い傾向にあります。

 

このため給料が気になる場合は有料老人ホームで働くことも考えればいいかもしれません。有料老人ホームなら老健とも働き方が似ていますので。(もちろん、また違った大変な面もあります⇒看護師が有料老人ホームを辞めたくなる理由!

 

 

看護技術が落ちる

 

先ほどの「医療処置を行う機会が少ない」という話しともすこし共通していますが、老健で看護師が行う処置といえば口腔ケア、配役、バイタル測定、点滴、採血などなど…。

 

基本的な看護技術さえあれば出きてしまうことばかりで、急性期病棟などで働かれていた方にとっては「やりがいが感じられない…」と思ってしまうかもしれません。

 

また、そうして老健で働いているうちに看護技術も落ちてしまい「もう病院には戻れないのでは…」と不安に感じてしまう人もいます。

 

そんな「これからも看護技術を磨いていきたい!」という人は、やはり老健やその他介護関連の仕事ではどうしても長続きしないのではないかと思います。なので、病院に転職されることをおススメします。

 

 

看護技術が落ちてしまうことが不安なのであれば介護施設全般で働くのは難しいといえます。介護の現場ではそれほど高い看護技術は必要とされませんからね。

 

「でも、病棟ほど忙しいのはやっぱり嫌だし…」というのであれば、療養型であったり、夜勤なしがいいなら日勤常勤であったり、あなたの希望を叶える方法は何かしらあると思いますので。

 

とはいうものの…。「サビ残やいじめも普通のブラック病院」」に転職してしまっては元も子もありません。そんなところに入職すれば、またすぐに転職しなければならなくなってしまいますので、転職活動は慎重に行ってください。(⇒ブラック病院に転職しないための9つの注意点!

 

 

夜勤がある(医師不在のため判断力が必要)

 

たまに勘違いしている方もいますが、老健でも夜勤はあります。「夜勤が無いとおもって老健に行ったのに…」とならないように注意しましょう。

 

ただ、老健では先ほども説明したとおり「容態が安定している人が多い」ので、急変対応しなければならないことも少ないです。(万が一急変してもその場で処置をするのではなく、救急車を呼んで近くの病院に搬送する形になります)

 

 

また、夜勤には一緒に介護士さんも入ることになり、排泄介助や体位交換などは介護士さんの担当なので、(どのような病棟かによっても違いますが)基本的に病院の夜勤よりも楽なケースが多いです。

 

ただ、「やっぱり夜勤はどうしても嫌だ!」という方は夜勤の無い職場に転職したほうがいいかもしれませんね。(⇒夜勤が耐えられず看護師を辞めたい!という人の対応策は!?

 

 

そして老健での夜勤が病院の夜勤と大きく違う点が「医師が不在」という点です。(施設によって違いますが、看護師も多くの老健では一人体制になっていると思います)

 

もちろん、だいたいの老健では急変が起こったときは近くの提携先に搬送するために救急車を呼ぶ、もしくは病院に併設されている老健ならその病院の医師に連絡することで対処できます。

 

こう聞くと「なんだ。楽じゃん♪」と思われるかもしれませんが、救急車が来るまでに救急処置を行わなければなりませんし、何より「提携先の病院に連絡するか、否か」の判断をしなければなりません。

 

もしも、大した状態でも無いのに提携先に患者を搬送し続けていればどうなるでしょう。恐らく提携先の病院からは呆れられ、まともにとりあってもらえない可能性も出てきます。

 

さらに、同じ現場で働いている介護士の人からも呆れられ、「あの看護師は使えない人」という烙印を押されがちです。

 

 

このため、もしも老健で働きたいと思うのであれば「先ずは病院でしっかりと経験を積み、フィジカルアセスメントができるようになってから」転職されることをおススメします。

 

たまに「未経験でもOK!」と書いているような求人もありますが、入ってみたらろくに研修もしてもらえず、そんなところでは施設長が「看護師なんて必要人数を配置できさえすればいい」と考えているようなケースもあります。

 

もちろん、そんな老健ばかりじゃないと思いますが、もしあなた自身が自分の経験に不安を感じているのであれば、しっかりと研修内容については面接で確認してから入職するようにしてください。

 

 

介護士とのコミュニケーションが難しい

 

と、夜勤や仕事内容に関しては病院よりも老健施設の方が「楽」と書いてきましたが、それも一緒に働く「介護士」の関係性によっては一変します。

 

基本的に介護士の仕事内容は看護師ならできるような仕事内容ばかりです。食事介助や体位変換、排泄介助にオムツ交換などなど…。

 

このため、老健で長年勤めている年上の介護士から「これ手伝って!」と頼まれたら…なかなか断れないですよね。

 

もちろん、それが1回、2回という話しなら別にいいと思います。看護師として利用者さんの体調を管理するためにも、介助を手伝うことによって体調の変化を感じ取れたりしますからね。

 

 

ですが、それが「常態化」している場所もあります。もちろん、面接時に「うちは食事介助も看護師さんには手伝ってもらうようにしているから」と、しっかりと決められていることならまだしも、なし崩し的に看護師が介護士の様々な仕事を手伝わされるような職場もあります。

 

結果的に、看護師にしかできない仕事ができず、サービス残業に繋がってしまったりします。今回ご紹介した体験談の例を見ても、正にこれが原因で退職に繋がっています。

 

 

 

介護士とうまい関係性を築く上で気をつけたいことは?

 

結局、老健だけではなく、介護施設では介護士とうまい関係性を築けるかどうかで「働きやすさが大きく変わる」といえます。ここが介護施設で看護師が働く上で最も気をつけるべきポイントです。

 

では、どうすれば看護師と介護士はうまくやっていけるのでしょうか。

 

 

老健などの介護施設では看護師も介護士も対等

 

病院での介護士の存在はというと「看護補助」。つまり看護師の助手になり、当然看護師よりも「下」の人間のように感じる人もいます。

 

病院ではそれでも仕方ないのかもしれませんが、老健だけでなく介護施設全般ではそれは違います。看護師と介護士は「対等」な立場になります。なので、(別に介護施設に限った話ではありませんが)上から目線で指示をしていたら、彼らは当然はなしを聞いてくれなくなります。

 

 

また、表向きはそのような感情を隠していたとしても、ふとしたところでそういった感情は必ず表れます。なので、もしもそのような感覚を少しでも持っている方は注意してください。

 

そんな感覚で老健に入職し働き始めた場合、施設と病院のギャップに面くらい、スグにやめることにもなりかねませんので。

 

施設の看護は「レベルが低い」? | あの看護師が介護施設を辞めたワケ【2】

 

実際にそんなギャップを理解せずに入職し、介護施設を辞めていった人の体験談が紹介されていますので、よければ参考にしていただければと思います。

 

 

介護士との仕事分担について

 

ポイント1では介護施設で働く上で持っておくべき「心がまえ」のようなものについて説明しましたが、ただ、実際に働いてみると介護士とのコミュニケーションではいろいろと困ることもあります。そのうちの一つに「仕事分担がはっきりしていない」ということがいえます。

 

先ほども少し触れたとおり、介護士の仕事は看護師でもできることです。しかし、看護師には看護師にしかできない仕事があり、その仕事を放ったらかしにしていては、いつまで経っても自分の仕事を終らせることができません。

 

 

なので、そこはやはり自分が優先すべき仕事をこなし、それでも手伝えるのであれば介護士の仕事を手伝うべきです。そもそも、介護士の仕事を看護師が手伝うことを上司も黙認し、その結果看護師のサービス残業が当たり前になっているような職場なら、はっきりいって長く働くことはできません。

 

そんな場合は転職されることをおススメします。そんな職場で働いていてもこちらにストレスが溜まる一方ですので。

 

 

 

ただ、介護士と働いているとこの逆で、「介護士が看護師の仕事に介入してこようとする」パターンも見られます。

 

「医療知識に関しては素人である介護士が判断を下すなんて、なんて危険な…!」と思われる方もいるかもしれませんが、新しく入ってきた看護師よりも、利用者さんを実際に長く介護している介護士の中には「自分の方がこの人については理解している!」と考える人もいます。

 

 

そのような介護士に対してはどうやって対応すればいいのでしょうか。そのような問題を実際に解決された方が某掲示板において書き込みをされていましたので、参考になったため前文を引用させていただきました。

 

 

 

私も特養に居た時、入職直後は介護スタッフの態度に唖然としましたよ。
医療分野への口出しや指示に対して不満げな顔、医療判断までする主任もいたりで。

 

こっちからするとイライラするような変なルールが蔓延してました。
介護技術も滅茶苦茶だったり・・・。
自分の領域をマスターしてから言え!って何度も思いました!

 

 

でも、利用者の日常生活などの基本情報は介護士の方がよく知ってますよね。
夜勤もやってるから日中〜夜間を通して見てるし。

 

だからまずは、介護スタッフに負けないくらい利用者を把握しようと思い
時間がある限り介護士の仕事のヘルプに入りながら
処置に回ったり些細なことでも気になったら、利用者さんのことを聞いて回りました。

 

 

介護スタッフに対しては、ちゃんと把握できていることを『さすがだね〜』と
尊敬してみたり、『状態把握のためには、介護スタッフの力が必要だ』と、
伝えていくうちにこちらの意見もキチンと聞いてくれるようになりましたよ。

 

 

むしろ介護スタッフ達から質問してきたり、
自己判断する前に確認に来てくれたり、
勉強会のお願いをしてきたり…。

 

 

飲みに誘われるようになって、看護師に対する不満などの愚痴をたくさん聞き、
介護スタッフの態度の原因が分かってから医務でも対応を改善し
少しずつ越権行為が収まりました。

 

 

特養での介護スタッフは、病院でいう『看護師』と同じ立ち位置で
『自分達が一番利用者を看ている・分かってる』と思ってる
介護士がほとんどでした。

 

なのに、殆ど接することのない看護師の方が偉い・・・
みたいな態度が許せないようです。

 

 

医務からすると、少ない人数でやることがたくさんあって大変ですが
利用者と接する時間は介護スタッフより短いので、
忙しさを理解してもらいずらいようですね。

 

あとは、看護師へのコンプレックスも当然ありました。

 

 

介護の現場では、自分の意見を伝えたい時には
『介護士の意見を一旦肯定し、理解を示しつつ』
『専門職としての見解を伝える』ようにしています。

 

ただ『それはおかしい!』じゃなくて、
『この部分の考え方は間違っていないけど、
こういうリスク(デメリット)があるからこうした方がいいと思うよ。』
などと伝えるようにしています。

 

特養の介護士が医療行為にまで口を出す NO10より引用

 

 

 

本当に細かいことなのかもしれませんが、こういったちょっとした言い方一つで相手の態度も大きく変わることもあります。

 

 

ただ、もちろん中には介護士として長く同じ職場で働いていて、「私の意見が絶対正しい!」なんて方もいるとは思いますが…。

 

しかもそういう人に限って施設で重要なポジションについていたりしますからね。そのようなケースは看護師一人で立ち向かっても歯が立ちません。

 

周囲のスタッフを味方につけてその人に対抗するか。もしその施設に対して思い入れがないのであれば、早々に退職&転職した方があなたのためかもしれません。

 

「老健を辞めたい…」と考えている方の参考になれば幸いです。