看護師を辞めたい

訪問入浴サービスの看護師を辞めたいと感じたときって!?

 

要介護者の自宅までいき、入浴サービスを提供する訪問入浴サービスの看護師として働かれる方の多くは「単発バイト」から始めるようですね。

 

確かに訪問入浴は「向き不向きが分かれ易い」働き方なのかもしれません。向いていない人が行うと「辞めたい!」とスグに思ってしまうはずなので、「先ずは単発から」というのは非常に理にかなった始め方かと思います。(給料は高いんですがね…)

 

では訪問入浴サービスの看護師はどのような理由で辞めたいと感じるようになるのでしょうか。先ずは実際に働いていた方の体験談をご紹介したいと思います。

 

 

 

訪問入浴サービスは自宅での入浴が困難な介護の必要な方に専門のスタッフが自宅に訪問し、自宅の浴槽でなく専用の浴槽で入浴してもらうサービスです。

 

業者によって違いがありますが、私が勤務したところでは専門のスタッフが原則3名で1チームでした。看護師1名、介護職員2名体制です。そのうち介護職員は入浴の介助をするヘルパー業務、もう一人の介護職員は運転と浴槽を組み立てるオペレーターと呼ばれていました。その日の巡回ルートで違いがありますが1日に6件ほどでした。

 

 

 

業務内容は、入浴する人の健康状態をチエックし入浴が可能かどうかの判断をしヘルパーの介護職員と一緒にペアで入浴介助をするのが主な仕事です。

 

移動中に、利用者の状態把握をするため車内でミーテングをし訪問します。進行役を看護師がすることになっていたので初めの頃はしどろもどろでした。いざ訪問すると看護師は健康状態のチェックをします。バイタルサインは当たり前ですが、前回訪問時の特記事項の確認をします。

 

例えば「下痢による皮膚のただれはどうか」「褥瘡の状態は」などです。利用者のほとんどはコミュニケーションが不可の高齢者が中心なので家族から情報を収集します。

 

 

 

バイタルサインに異常がなければ入浴介助に入ります。オペレーターが浴槽の準備をしてくれベットからの利用者を抱えてのトランスファーは介護職員がするので力作業はありません。
入浴介助はヘルパーと看護職員がペアでします。その時に膝をついて洗髪・洗身行為をするので腰に負担はかかります。皮膚の状態を観察し異常があれば診察の必要があるかどうかを主治医と電話で相談します。

 

勤務していた事業所では、女性の利用者は女性の看護師が着脱行為をすると決まっておりヘルパー部門の作業が多かったです。1件当たり1時間ですが、その日の利用者が女性ばかりだとへとへとになります。

 

 

訪問入浴サービスで働く上でのやりがいは自宅の浴槽に入れない利用者に清潔保持だけでなく精神的に爽快感を感じてもらうことができ、発語がない利用者の笑顔を見れることにできやりがいを感じます。「日本人はお風呂好きだな」と思える瞬間です。

 

一方で医療行為の注射、点滴などの処置はなく、訪問看護師が行うので医療行為はまずありません。看護技術を忘れそうでこの先の転職に不安を感じるデメリットもあります。

 

 

ただ、やりがいのある仕事ではありますが、訪問入浴を実施するかどうか、訪問で緊急を要する事態に遭遇したとき看護師の判断にゆだねられるので責任は重要でストレスになりました。

 

主治医やケアマネージャーと連絡を取るのは原則、看護師なので緊急性を見逃し命を脅かす事態になることがあると思うと負担が大きいです。

 

 

そして何より、個人的に一番つらかったのは、ご家族が親切に入浴後にお茶などを出してくれる家があるのですが、きれいな家ばかりと限らず明らかに腐っている食べ物や飲み物を出された時の、失礼のないような断り方が上手く思いつかず泣く泣く食べたり飲んだりしたことです。

 

訪問入浴職業として肉体的にも精神的にも過酷ですが、入浴をすることで利用者の笑顔が見れるので自分自身はとてもやりがいのある職業だと思っています。

 

 

 

訪問入浴の看護師を辞めたくなる理由って?

 

訪問入浴の看護師を辞めたくなる理由として、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

 

  1. 介護士との関係性が難しい
  2. 看護技術が落ちてしまう
  3. 肉体労働で辛い
  4. 看護方法に問題がある事業所も
  5. 家族との関係性が大変

 

 

No.1「介護士との関係性が難しい」、No.2「看護技術が落ちてしまう」という項目に関しては辞めたい!老健施設の看護師のデメリットとは!?でまとめてご紹介していますので、そちらを確認してみてくださいね。

 

 

肉体労働で辛い

 

訪問入浴では利用者みなさんがバリアフリーの整った一軒家に住んでいるわけではなく、時にはエレベーターも無い公営住宅に住んでいることもあります。

 

そんな時は重いバスタブを抱え3階、4階まで上がらなければならないことも…。これが真冬や真夏だったらと思うと相当つらいです。

 

 

このため、もともと体を動かすのが苦手な方なんかは1日働いただけで「これは無理だ」と判断して辞めてしまう方も多いです。このため、1回とりあえず単発で働いてみるのがおススメですね。

 

もしも働いてみて「わたしには無理…」と思ったなら、今度は訪問看護師として働いてみてはどうでしょうか。訪問看護なら(訪問入浴と比較して)そこまで肉体労働にもならないと思いますので。(もちろん、注意点もあります⇒なんで訪問看護ステーションの看護師を辞めたくなるの?

 

 

逆に、もともと体を動かすのが好きな人の場合は「終ったー!」と心地よい疲労感を感じられるかもしれません。

 

 

看護方法に問題がある事業所も

 

また、事業所によっては何でも「素手」で行わされるところもあります。例えば「陰部」を素手で洗わされたり、傷から出ている「浸出液」を素手でふき取ったり、「便処置」すら素手で…。(「手袋つけると患者さんの中には『汚いものとして扱われている』と感じる人もいるから…」といわれることが多いです)

 

病棟で働いていて、普通の感覚をもった看護師さんなら「感染したらどうするの!?」とさぞかし恐怖かと思いますが、そんな事業所ばかりではありません。

 

もし改善を要求してなにも変わらないようならそんな事業所はスグに辞めて他の事業所に移るべきです。

 

事業所が違えば看護師業務も全然ちがったりします。ある事業所では「トランスや入浴介助も当たり前」な一方、とある事業所では「トランスや入浴介助などは全て介護士さんがやってくれる」なんてこともザラですので。

 

 

家族との関係性が大変

 

そして最後に「家族との関係性」も訪問入浴で大変だと感じる部分ですね。やはり病棟ではなく、「在宅」となると、何かと気を使う部分も多くなります。

 

例えば、厳しい利用者さんだったりすると、看護師の処置を横で「じー」っと見られて、少しでもミスをしたりすると「何やってるの!」とクレームを言ってきたり。

 

また、このような悪意のあるものばかりではなく、今回ご紹介した体験談のように「衛生面」で困ることもあります。行ってみたら「ごみ屋敷だった…」なんてこともあります。

 

(地域によっても多少かわりますが)大半の利用者は問題がない、普通の利用者です。ですが、こういった利用者宅に当たったときは「辞めたい…」と思ってしまうかもしれません。

 

こうなったときに働き易さを左右するのが事業所の「所長」です。所長がしっかりと問題を認識し、「難しい利用社宅には誰か(or 自分が)同行」したり、他のベテラン看護師に担当替えしてくれたりすれば、まだ働き続けられるのではないでしょうか。

 

逆に相談してもなんの改善もされないのであれば、その事業所では長く働きづらいといえます。

 

 

訪問入浴サービスで働きたいなら先ずは単発からがおススメ

 

さて、ここまで訪問入浴サービスの辞めたい理由についてみてきましたが、もしもあなたがこれから「訪問入浴サービスで働いてみたい」と考えている人の場合、やはり最大の注意点は…

 

  • そもそもあなたが”訪問入浴”という働き方を受け入れられるか
  • その事業所が適切に運営されているか

 

という2点かと思います。なので先ずは働いてみて「この働き方は自分に合っている」と感じれたなら次は「実際に働いてみて適切に運営されている」事業所で常勤が募集されていないか確認してみてはいかがでしょうか。

 

訪問入浴サービスだけに限らず、介護の現場では基本的に「看護師不足」ですので、事業所に問い合わせてみたら「そのまま常勤として雇ってもらえた」というケースも耳にします。

 

もちろん「お小遣い稼ぎ」と割り切って働くのでも全然アリだと思います。訪問入浴サービスの看護師は時給換算にすると平均より高めに設定されていますので、短期でお金を稼ぎたい人にはピッタリな働き方だと思いますので。

 

ナースエージェント

 

 

ナースエージェントなら単発の求人も多いですので、探している方はぜひ利用してみてください。

 

「訪問入浴をやってみたい」という方及び「訪問入浴をやめたい…」と考えている看護師さんの参考になれば幸いです。