看護師を辞めたい

精神科を辞めたくなった患者との関係性って!?

 

看護師の中で精神科に勤めていて「辞めたい」と感じる方も多いですが、なぜそのように感じるのでしょうか。

 

実際に精神科で働いていて辞めたいと感じた方の体験談と同時に理由をご紹介したいと思います。

 

 

精神科で働くメリット

 

私が精神科で看護師として働いていた時、やりがいや大変なこと、嫌なことなどなど。いろんな経験をすることができましたので、その内容について、簡単にまとめてみたいと思います。

 

精神科で働くメリットとして、私が一番感じたことは患者さんに対する処置が少ないので気分的に安心できるということです。

 

内科の場合は、点滴などの処置が多くその管理が大変です。また外科やその他の診療科でも手術、そして術後観察や処置が多です。

 

しかし精神科の場合はそのような処置がほとんどありません。当然、精神科の場合は患者さんが急変をすることも少なく、同じような症状で経過をすることが非常に多いです。

 

なのでその点については気分的に楽に働くことができました。

 

 

精神科で働くデメリット

 

精神科は特殊な診療科です。そのため、患者さんに接する時に、その特殊なスキルを必要とします。それはかいつまんでいってしまえば「普通ではない精神状態の人とコミュニケーションをとるスキル」です。

 

より具体的にいえば「自分の感情をコントロールするスキル」と言い換えられるかもしれません。例えば精神科の患者さんは理由もなく急に怒りだして暴言を吐かれることもあります。

 

そんな場合、やはりへこみます。しかし、精神科では日常茶飯事なことで、このようなある意味「心が傷ついている」方達に対して、優しく、冷静に対処することが必要となります。

 

それはやはり「特殊なコミュニケーションスキル」といえると思いますが、そのようなスキルを身につけるまで、患者さんからの暴言や行動にいちいち傷ついてしまったりして、最初はかなり苦労しました。

 

 

精神科で働いていて辞めたいと思った時

 

精神科で働いていて、だんだんと仕事内容に慣れてくると患者さんと話をする”コツ”のようなものを掴むことができました。

 

それぞれの症状がいつごろ出るのか、この人はどのような状況でどんな症状が現れるのか、そして症状が表れたときはどのように対処すればいいのか、コツがつかめると患者さんとのコミュニケーションも円滑に行えるようになってきます。

 

精神科の患者さんのケアをする時、検温をする時、作業療法をする時、レクレーションをする時、その患者さんの状態によって、接する内容を変えることによってまく対処できるようになったことはとても大きな達成感を味わうことができました。

 

 

ところが、患者さんの中にはどうしても何を考えているのか分からない、どうやって対処していいのかどうしても分からない患者さんがいます。そして、そんな患者さんがいるとわかった時、とても「怖い」と思ってしまったのです。

 

そのようなことは精神科で働いていると何度も遭遇します。しかし、ある日、そんな私にとってどうしても対処法が分からない患者さんが急に暴れだしたりと、身の危険を感じるようなことが連続して起こったことがありました。その時にふと、「ここではもう働くことができない」と思ってしまったのです。

 

 

そのことがトラウマとなり、勤務をすることが怖くなり、その後は、辞職をすることにしました。

 

「こんな精神状態では患者さんをケアすることができない」と思ったからです。その後は、辞職をした後に、しばらく休み、リフレッシュ期間がすぎた後に別の診療科に転職をしました。

 

 

看護師が精神科を辞めたくなる理由

 

主に精神科の看護師が「辞めたい」と感じる理由がこちら。

 

  • 患者から暴力を受けたことがトラウマとなってしまったから
  • 精神科で働いていてもやりがいを見出せない
  • 精神科で働いているうちに自分も病んできてしまった
  • 看護技術が身につかないから

 

 
患者から暴力を受けてトラウマになってしまったから

 

精神科の患者の中には、精神的に不安定なため急に怒り出し、暴力を振るおうとする人もいます。

 

そんな患者を抑えるために男性看護師が多く採用されていますが、すべてのトラブルを未然に防ぐの無理です。たまたま対応に当たっていた女性看護師が暴力を受けることもあり、それが原因でトラウマになってしまう人もいます。

 

 

一度トラウマになってしまっては、その職場に行くこと自体「怖い」と、感じてしまうものです。「辞めたい…」と感じてしまうのも当然といえるでしょう。

 

精神科で働いていてもやりがいを見出せない

 

病棟と違って精神科では基本的に急変なんてありません。なので、毎日が同じことの繰り返しで「やりがいを感じられない」という看護師さんもいます。

 

こういう人に多いのが「いままで急性期で働いていたけど、結婚⇒出産し、育児と仕事を両立するために精神科へ来た」という人です。

 

精神科は病棟と違って残業もほとんどありませんし、夜勤もありません。子供が熱を出して急に仕事を休まなければならなかったとしても、比較的柔軟に対応してもらえる職場が多いですからね。

 

ただ、急性期から来たような人にとってはやりがいが欠けるかもしれません。

 

 

精神科で働いているうちに自分も病んできた…

 

また、「精神科で働いているうちに自分も病んできた…」という看護師さんもいます。

 

精神科では患者から「死ね!」など、暴言を吐かれることもたびたびあります。また、常に「死ぬこと」を考えているような患者さんもいます。

 

そんな患者さんと毎日接していると、「こっちまで病んできた…」という人がいてもおかしくありません。「仕事は仕事」と割り切って働いていても、どうしても影響されてしまうものですからね。

 

 

看護技術が身につかない!

 

先ほどの「精神科で働いていてもやりがいが見出せない」という理由と少しかぶる部分ではありますが、「看護技術が身につかない」という理由で精神科を辞めたい看護師さんもいます。

 

精神科では病棟のように看護処置を行うことが圧倒的に少ないです。このため、新卒看護師からは「技術が身につかないから」精神科を避けるような人もいます。

 

 

すでに病棟で勤務してから精神科に来たような人にとってはあまり気にならないかもしれませんが、精神科でしか働いたことの無いような人にとっては不安で仕方無いかもしれません。

 

それぞれの解決策は?

 

暴力を受けてトラウマになってしまった場合は?

 

暴力を受けてトラウマになってしまった場合、あまり無理はせずに異動したり、転職したりして「とりあえずその科から離れる」ようにしてください。

 

心の傷は体の傷を治すよりも、より長い時間が必要です。トラウマになってしまった職場で働き続けていても、心の傷は癒えずにより深刻化し、症状が悪化することも多いです。

 

暴力を受けて心に傷を負ってしまった場合、師長などから転科を勧められる場合も多いようですが、もしもそうでない場合は自分から離れるようにしてください。単科病院の場合は転科もできないでしょうから転職をおススメします。(もちろん、必要なら休養もとりましょう)

 

 

精神科で働いていてもやりがいを見出せない場合は?

 

精神科で働いている看護師さんがよく挙げるやりがいとして「患者とのコミュニケーションを通して、患者にいい変化が見られたとき」という例を挙げる方が多いです。

 

例えば、「普段は怒っていても、自分と接するときだけ穏やかな笑顔をみせてくれるようになったとき」や「妄想被害に苦しんでいた人の症状が緩和して、笑ってくれるようになったとき」などでしょうか。

 

 

もちろん、精神科の患者がコミュニケーションを通して改善していくのを目の当たりにするには「時間」がかかります。忍耐の必要な作業であるのは間違いありません。

 

このような点でも「急性期病棟でバリバリ働きたい!」という方にはまり向いていないのかもしれません。精神科は「患者とじっくりコミュニケーションをとりたい!」という看護スタイルの人の方が向いているのは間違いありません。

 

なので、「どうも自分はそういうタイプではない…」という方は異動や転職もおススメですが、先ほども触れたとおり人によっては「労働条件や経済的な面」を理由に精神科で働いている人もいるでしょう。

 

そういった方はある程度「生活のため」「こういうものだ」と割り切って働く必要も仕方がないかもしれません。また、どうしてもそれが嫌なら急性期病棟でパートとして働いたり、精神科ほどの待遇は望めない環境で働くしか方法はないかもしれません。

 

 

もしくは、身体合併症病棟や総合病院の精神科なら少しは外科 or 内科的看護が必要な患者さんもいるでしょうから、少しはやりがいもあるかもしれませんね。(それでも急性期病棟やICUには忙しさの面では及ばないでしょうが…)

 

どのような選択肢をとるにせよ「結局、自分にとっての優先順位は一体何なのか?」しっかり考える必要があります。「やりがいが大切なのか」「今は給料や労働条件の方が大切なのか」、ここをはっきりさせずに転職に踏み切っても後悔するだけですからね。

 

 

精神科で働いているうちに自分も病んできてしまった場合

 

さっきの「精神科で働いていてもやりがいを見出せない場合は?」でもご紹介しましたが、精神科にも向き不向きがあります。

 

そして精神科に最も向いていないタイプの一つが「ついつい患者に感情移入してしまう人」です。患者の「死にたい…」なんて言葉にいちいち敏感に反応してしまう人です。

 

心優しい人なのかもしれませんが、精神科(特に閉鎖病棟など、重症エリア担当)では割り切ることも必要です。「あなたはあなた。私はわたし」と、他者と自分を混同してしまってはいけません。

 

 

これも結局、働いているうちに慣れてくるものですが、働き続けるにつれてどんどん楽になるどころか「自分まで病んできてしまう…」という方はそもそも精神科に向いていないのかもしれません。

 

そんな方の場合は開放病棟に配置がえしてもらったり、異動させてもらったほうが気持ち的に楽に働けるはずです。

 

 

看護技術が身につかないから辞めたいという場合

 

ポイント2の「精神科で働いていてもやりいがいを見出せない場合」でも触れましたが、一言で精神科といっても身体合併症病棟や総合病院の精神科なら点滴や採血、注射など、基本的な看護の技術が必要とされることもあります。

 

しかし単科病院の場合、このような看護技術が必要とされる場面も、ほぼ無いのではないでしょうか。この場合は確かに看護技術が身につかないでしょう。

 

 

とはいうものの、病棟で必要とされる技術は「病棟に行ってから学べる」ものです。なので、20代も若いうちから「早く病棟で技術を身につけないとつぶしが利かなくなる…」と焦る必要はないと思います。(「精神科での仕事が楽しい!」というのならなお更ですね)

 

ただ、これが30代、40代になってから看護師になった方の場合、またはなしも違います。人間、やっぱり年齢が上がるにつれて物覚えもどんどん悪くなってきます。それなら早めに病棟にいって技術を習得したほうがいいでしょう。

 

その際は療養期・慢性期といったあまり急変の少ないような病棟がおススメです。いきなり、急性期、ICUなどの医療の最前線といわれるような職場にいってはついていけないことも考えられますので。

 

 

精神科を辞めたくなったら転職活動はしっかり行って!

 

さて、ここまで精神科を辞めたくなったときの対策についてみていきましたが、もしも辞めて転職するという場合は安易に転職先を決めるのではなくしっかり選んでください。

 

転職活動は決して楽なものではありませんし、ブラック病院にでも転職してしまい、また転職活動をしなければならないとなると「本当に時間とエネルギーの無駄」です。

 

 

なので転職するのであればしっかりと病院を選んで転職して頂ければと思いますが、転職を考えている看護師さんにおススメなのがこちら。

 

ナースではたらこ

 

 

看護師の求人を紹介してくれる「看護のお仕事」です。24時間、全国対応で使い勝手がよく、転職が成功した際は12万円の転職支援金がもらえる制度が採用されています。

 

精神科を辞めたいと悩んでいる方の参考になれば幸いです。