看護師を辞めたい

クリニックを辞めたくなった看護師の体験談をご紹介!

 

クリニックといえば「日勤のみ」で土日は休み。病棟ほど忙しくないため「楽な職場」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、そんなクリニックを「辞めたい…!」と悩んでいる方もいます。

 

ではなぜ、クリニックを辞めたいと思うのでしょうか。先ずはクリニックで働いていた人の体験談をご紹介したいと思います。

 

 

私は以前、総合病院で働いていたのですが、色々と訳あってクリニックに転職をしたことがあります。その時に私が感じたクリニックで働くメリットとデメリットについて、少しご紹介したいと思います。

 

メリット

 

クリニックで働くメリットとしては、なんと言っても夜勤がないということです。これは転職する上でかなり大きな理由となりました。

 

夜勤をしていると、体内時計がどうしても狂ってしまい、体調のよい時はいいのですが、悪い時だと大きな病気になることもあります。しかし夜勤のないクリニックの仕事についてからは、そのような体調を崩すことは当然少なくなりました。

 

 

また、もうひとつのメリットは、残業が少ないということです。クリニックは病院のように入院患者さんがいないので、病棟勤務がないです。

 

そのため、たとえ残業があったとしても大した量ではありません。ハッキリいってしまえばあまりすることがないのでとても楽です。

 

そのため、平日だったとしても予定を入れることができてしまいます。残業が多い総合病院の時に予定をいれてしまうと、仕事を予定の時間までに終わらせることができず、予定自体をキャンセルしなければいけないこともよくありました。そんなことがないので、友人とも堂々と約束をすることができます。

 

 

こんな理由から、家庭のある人にとってクリニック勤務はおススメです。ほとんど定時に帰宅をすることができるので、家庭と仕事を両立させやすいからです。

 

病棟勤務の場合は、両立させることができたとしても、協力をしてくれる人が必要となったり、かなり無理をした形になってしまうので、子供がいる人は辛い思いをすること多いです。クリニックだとそんなこともないので、ご家族の方たちにとっても非常に嬉しいことだと思います。

 

ちなみに勤務に関しては、毎日ほとんど同じことの繰り返しとなるので、直ぐになれることができます。なので、仕事を必死で覚えるということをしなくても大丈夫なことが多いです。

 

 

デメリット

 

デメリットとしてまず思ったことは、お給料が安いということですが、それは残業代がない、夜勤手当がないためです。なのでこのお給料が安いというデメリットは、クリニックで働くのならある程度仕方が無いとことといえます。(私の場合は、以前働いていた総合病院のときと比べて大体10万円ぐらい少なかったです。)

 

また、もう一つのデメリットとして、同じことの繰り返しの仕事内容となるので、もっと色々なことをしたいと思った人にとっては、物足りなさを感じることもあります。

 

新しい看護技術を身につける機会も無いため「看護師としての腕が落ちる!」という心配をされる方もいます。なので、看護師としての仕事にやりがいを感じ、看護師としての技術力を高めていきたいという方にはあまりおススメできない職場なのかもしれません。

 

 

そして最後に、人間関係がよいところならいいのですが、悪くなった時クリニックの職場は非常に狭いのでとても辛い思いをすることになります。

 

ちなみに私もクリニックの仕事を辞めたいと思った時がありますが、それはやはり人間関係が狭いと思った時で、嫌と思う人と毎日顔を合わすことになりますので、その時に辞めたいと思ったことがあります。

 

もちろん、人間関係の問題は総合病院などでも変わらないと思いますが、人間関係の良さ、悪さが良い意味でも悪い意味でも色濃く反映されるのがクリニックという職場といえるでしょう。

 

 

クリニックを辞めたくなる理由をまとめると…?

 

今回の体験談の方のお話に少し付け加えて、クリニックを辞めたくなる理由をまとめると…

 

  • (病院より)給料が低くなる
  • 作業が同じことの繰り返し。看護技術も身につかない
  • 人間関係がよくも悪くも濃い
  • 院長と合う、合わないが大きい

 

 

 

病院より給料が低くなる

 

残業や夜勤が無いのがクリニック最大のメリットですが、その反面、必然的に給料は(病院に比べて)安くなってしまいます。これはクリニックで働くならば受け入れなければならない条件といえるでしょう。

 

とはいうものの…。病院の中でも「残業代が基本給に含まれている」という理由で出なかったりするところもあります。そういうところで働いている人の場合、むしろ「クリニックの方が割に合っている」と思うかもしれませんね。

 

 

作業が同じことの繰り返し

 

クリニックで行うことといえば、点滴や採血などの基本的な看護技術が見についていればできるようなことばかりです。それに加えて医師の診察介助もやります。

 

このため、総合病院で数年間勤めたような看護師なら簡単に勤まるでしょうが、急性期でバリバリ働いてきたような方にとっては「ものたりない…」と感じ、辞めたくなるかもしれませんね。

 

また、クリニックでは掃除や整理整頓など、看護師でも雑用が多いです。その雑用の多さに嫌気がさす人もいます。

 

 

人間関係がよくも悪くも濃い

 

クリニックというと事務、医師、看護師含め10人以下の小さなところも多いですが、そういったところで人間関係がこじれたらかなり面倒なことになります。

 

大人数が同時に働くと一人ひとりの関係性は比例してうすくなるものですが、人数が少ない職場だと人間関係も濃くなります。

 

もしも職場の人から嫌われたりした場合、その人と毎日顔を合わせなくてはならないので相当苦痛です。

 

 

院長と合う、合わないが大きい

 

個人クリニックの運営方針は当然、院長が決めます。その院長とうまが合わなかったら「辞めたい…」と思うようになっても不思議ではありません。

 

「院長がけち臭くて細かいところまで文句を言ってくる」なんかだとまだマシかと思いますが、「看護師以外の人に看護師業務をやらせている」「儲けるために医療物品を使いまわしている」なんて院長も稀にいます。

 

院長によってはめちゃくちゃなクリニックも正直あります。そういうところは素直に転職したほうがいいです。(医療事故に繋がる前に…)

 

 

 

クリニックを一番やめたくなる理由は人間関係?

 

さて、クリニックを辞めたくなる理由を見てきましたが、実際にクリニックを辞める理由として最も多いのは「人間関係」のように思います。

 

「病院よりも給料が低くなる」ということや「作業が同じことの繰り返し」というのは事前情報として分かることで、ある程度覚悟してクリニックに入職している人が多いです。

 

しかし、当然ながら「院長との相性」「職場の人間関係」なんて入ってみるまで分かりません。入ってみたら「まさかここまで悪かったとは…」と辞めてしまうわけです。そして残念ながら職場の人間関係なんて、入ってみるまではどうしても分からないものです。

 

 

なので、今クリニックで働いているものの人間関係がどうしてもダメだ…という方の場合は転職するしか解決策はないのではと思います。病院と違って異動願いを出すこともできませんからね。

 

また、「クリニックの人間関係にはもうこりごり!」というのであれば病院の外来などに転職してみてはいかがでしょうか。人の多いところなら人間関係の密度も下がりますので。

 

 

ちなみに看護師の転職におススメのサービスがこちら。

 

看護のお仕事

 

 

見やすく使いやすいウェブサイトが特徴で、全国12万件以上の求人を保有している看護のお仕事。こちらのサービスを通じて転職すると、看護のお仕事から最大で12万円の転職支援金をもらえるのも特徴の一つです。

 

ただ、転職の際に一つだけアドバイスするとしたらぜひ「見学」だけはしてみてください。実際に働いている人の年齢や表情を見るだけでも、いろんなことが分かりますので。(見学についてはこちらのページでも解説しています⇒ブラック病院に転職しないための9つの注意点

 

クリニックを辞めたい、もしくはクリニックに転職しようとされている方の参考になれば幸いです。