看護師を辞めたい

急性期病院の看護師を辞めたくなる理由と対処法

 

「先ずは急性期病院で数年間働いて、看護技術をしっかり身につけたい!」 こういった理由で急性期の病院は新人看護師には人気です。

 

もちろん急性期にはやりがいもありますが、やりがいだけでは続けられないかもしれません。先ずはそんな急性期で働いていた看護師さんの体験談をご紹介したいと思います。

 

 

 

私が急性期病棟で看護師として働いていたのは、新人看護師の時でした。

 

仕事内容は、患者さんの手術件数が圧倒的に多かったので、毎日手術をする患者さんのケアを行うことです。

 

ケアというのは患者さんの身の回りの世話、観察が主な仕事となります。身の回りの世話に関しては、時間に急かされることがないので、そんなにストレスを感じることがありませんでした。

 

しかし、観察についてはリアルタイムで行う必要がありますので、その点でかなりストレスを感じることがありました。急性期病棟で働いている時に、辞めたいと思った内容については大体下記のとおりです。

 

 

休む時間がない

 

急性期病棟の場合、患者さんが急変をすることが多々あるので、もし患者さんが急変をしてしまうと、休憩を取れないことがよくありました。

 

そんな時は心身ともに疲れ果てるので辞めたいと思ったことがよくあります。さらに、急性期病棟の場合は緊急入院をして来る患者さんも多く、そんな患者さんが入院をしてくると、その時点から自分の業務内容について滞ってしまうことがあります。

 

優先順位をつけて行ったとしても、残業を何時間もしないといけないことがありました。そんな日々が続くと、ここではやっていけないと思って、辞めたいと思ったことがあります。

 

 

患者さんが急変をしたことがトラウマとなる

 

患者さんが急変をすることに慣れず、そのことがずっと頭から離れなくてトラウマになったことがあり、その時も真剣に辞めたいと思ったことがあります。

 

患者さんが急変をするのは自分のせいではないと分かっていても、自分は何かできたのではないか、変なことをしたのではないかと思うことがあるのです。

 

そのため気持ちの上でショックを受け、しばらく立ち直れなくなります。特に新人看護師の場合は、その急変時に一人で対応をしたのか、みんなで協力して対応したのかによっても感じ方が全然違います。

 

多くの人で対応をすることによって、その人達と対応内容について話すことが出来るからです。しかし、一人で対応をしてしまうと、そのことを自分の胸に抱えることになり、自分を攻めるようになります。

 

 

こういった理由で、急性期病棟で働いている看護師の中には精神的、肉体的についていけず「看護師を辞めたい」と感じている方も多いように思いますが、そんな方は心や体が疲れていますので、ゆっくり仕事ができる職場がいいと思います。

 

例えばクリニックや外来など急変することが少ない職場がおススメでしょう。少なくとも急性期病棟よりかは間違いなく、ゆっくりと働くことはできると思いますので。

 

 

 

急性期病院を辞めたくなったときはどうすればいい?

 

急性期特有の忙しさに耐えられず、看護師を辞めたいという人は非常に多いです。「日勤でも夜勤明けでも数時間の残業が普通」、「夜勤中も休む暇が一切ない」なんて状況では確かに長く働き続けることはできないかもしれません。

 

こんな感じでとにかく忙しいから、自然と先輩の指導も厳しくなります。先輩だって一杯いっぱいで働いていて、「もう辞めたい…」と限界を感じながら働いているのかもしれません。そんな状況で1度教えられたことをもう一回聞いたりしたら「なんで分かってくれないの!」と怒鳴られたりするものです。

 

 

なので急性期は人間関係、仕事の忙しさ両方で厳しいので精神的に辛くなるのもあたり前です。ただ、このページでは少し視点を変えてあなたが「辞めたくなったタイミング」別に対策を考えてみたいと思います。(年数はあくまで目安です)

 

  • やりがいを感じれるようになる前に辞めたくなった(1〜2年目)
  • やりがいは分かったけども続けられない(:3年目〜)

 

 

やりがいを感じられるようになる前に辞めたくなった(1〜2年目)

 

新卒で急性期に入ったものの、毎日レポートに残業、勤務後の勉強会やそれ以外に学ばなければならないことが多々ありプライベートもろくに休む暇がなく…

 

先輩看護師からは「なんで一回教えたことができないの!」「仕事なめてるなら辞めちまえ!」とみんなの前、一人のとき関わらず怒鳴られけなされ…

 

こんな状況では仕事の楽しさが分かる前に潰れてしまってもおかしくありません。ただ、こういうことで悩んでいる看護師さんなら必ず「相談掲示板」なんかもみたことがあると思いますが、「私も昔はそうだったけど今は仕事が楽しい!」と、仕事の辛さを乗り越えた人の書き込みもよくありますよね。

 

 

「こんな辛さをどうやって乗り越えたんだよ!」と、今苦しみの真っ只中にいる人にとっては本当に意味不明だと思いますが、この「やりがいを感じられるようになるまでの苦しみ」を切り抜けられた理由としてよく挙げられているのが以下のようなものです。

 

 

  • プリセプターの「愛情」を感じられた
  • 愚痴を言い合える「同期」がいた
  • 患者さんから「ありがとう」と感謝された

 

普段はボロカスいってくるプリセプターが本当に「あなたのためにいっているのか」それとも「単に自分のストレスを晴らしているだけ」なのかは何となく分かるものです。

 

本当にあなたのために言っているプリセプターの場合、ふと「愛情」を感じられるものです。本当に一瞬だとは思いますが、「あ、自分のことを気にしてくれているんだ…」と思える瞬間があるものです。そんな愛情が感じられるプリセプターだったら、まだ、なんとか踏ん張れるかもしれません。

 

 

そんなプリセプターから気づけばあまり怒られなくなり、「もうアンタは一人で大丈夫でしょ」と認められたときというのは感無量です。そんな時は心の奥底から…「続けていて良かった…!」 「もっと頑張ろう!」と思えるものです。

 

ですが、あなたのプリセプターが愛情もなく、単純にあなたを叱ることが「ストレス発散」になっているような場合、やりがいを発見するまで続けるのは難しいかもしれません。

 

 

 

ただ、たとえプリセプターから毎日いやみを言われたり、怒られたりしたとしても「苦しみを分かちあえる同期」がいればまだ何とか踏ん張れるのではないでしょうか。

 

同じ時期に入職し、悩みを分かち合える同期というのは本当に大きな心のよりどころです。実際にこのページを読んでいる方の中にも「夜勤明けにみんなでファミレスにいってたまりに溜まった愚痴を言い合った!」なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

そうやって同期と何とか耐えながら仕事を続けているうちに、仕事のやりかたもわかってきて徐々に一人で仕事ができるようになってくるものです。

 

 

そして仕事を続けているうちに患者さんから「ありがとう」と感謝されることもあると思います。急性期には確かに看護のかいなく亡くなってしまう患者さんもいますが、容態がどんどん回復していく患者さんも当然います。

 

そんな患者さんから「ありがとう!」と言ってもらえるだけで「もうちょっと…続けてみようかな…」と、なぜか思えるものです。患者さんから感謝されることほど、看護師にとってエネルギーになることも、そうそうないと思いますので。

 

 

 

「もう辞める!」と思ったとしても、普通の職場ならこういった「何とか思いとどまるキッカケ」があるものです。そして、そのキッカケを与えてくれるのは全て一緒に働いている「まわりの人」です。

 

結局、あなたの職場の人間関係次第で、「あと一歩踏ん張れる」かどうかも大きく左右されます。そんな仕事を続けるために大切な人間関係のない職場では、急性期の職場でやりがいが見つかる前におれてしまったとしても、はっきりいって仕方がありません。

 

 

人によっては精神的に病んでしまい、薬を服用してでも働き続けようとする人もいますが、これも果たしてどうなのかと思います。結局、あなたのことを本当の意味で心配できるのは「あなただけ」なのですから、自分の精神状態と相談して「限界」というのであれば、もうそこまで頑張らなくてもいいのではないかと思います。

 

 

やりがいが分かったけど続けられない(3年目〜)

 

そうしてなんとか急性期でのやりがい、看護師としての仕事の意義を確認でき、なんとか急性期で2年、3年、4年とキャリアを積み重ねてきたとしても「辞めたい」と感じることはよくあることです。

 

  • 「プリセプターが辛い…」
  • 「そろそろ結婚を考えたいけどこのままじゃ無理だし…」
  • 「新しい働き方にトライしてみたい!」「もっと一人ひとりによりそった看護がしたい!」

 

 

3年〜4年目の看護師でプリセプターを担当する人も多いですが、プリセプターになって初めて「自分が新人だった頃の先輩看護師の気持ち」が分かるといえます。

 

プリセプターになると、従来業務にプラスしてプリセプティを指導していなければならないため、ただでさえ忙しくなるのに、もしもやる気のないプリセプティの担当にでもなろうものなら、本当にフラストレーションが溜まってしまいます。

 

さらに、プリセプターは新人指導の「窓口」なはずで、プリセプターだけで新人の教育すべてを行えるわけではありません。本来なら「組織ぐるみ」で教育を行っていなければならないのに、プリセプティがミスを犯せば回りのスタッフからは「プリセプターが猛攻撃」されたりします。

 

いわゆる中間管理職のような感じでしょうか。正に上と下との板ばさみにあい「辞めたい…」と感じてしまっても仕方がありません。(真剣にお悩みの方はこちら⇒「プリセプター辞めたい!」という看護師に知ってほしいこと!

 

 

また、新卒として入って3年も経てば回りの友人の中でも「結婚」し始める人も出てくるものです。そんな人を見ては「うらやましいな…」とか、「わたしもいつかは結婚したい…」となんとなくは思うものの、「でも、このままの働き方だったら結婚なんて到底無理だし…」と悩んだするものです。

 

もちろん、結婚相手がいたらこれからの生き方についてはよく考える必要があります。多くの人がとってしまう過ちは「家庭も仕事(キャリア)も!」と、両方を100%追い求めてしまい、結局は両方とも中途半端になってしまうことでしょう。(結婚を考えている方はこちら⇒結婚を機に辞める?転職する?看護師の家庭両立の秘訣は!?

 

 

さらに、急性期で3年も4年も働いていると「自分にとっての理想の看護ってなんなんだろう…」と思い悩む人も出てきます。

 

新人時代は仕事をこなすことで一杯いっぱいだったのが、徐々に何かを考えられるだけの余裕が出てくると、こういったより本質的なことにまで考えが及ぶようになってくるものです。

 

なのでもしあなたが急性期にはない「一人ひとりにじっくりと向き合える看護」を行いたいのであれば、それは病院を出る時期なのかもしれません。そんな人におススメしたいのは訪問看護のようなより「在宅に近い職場」でしょうか。(とはいうものの、訪問看護で働く前に知っておいて欲しいこともあります⇒なんで訪問看護ステーションの看護師を辞めたくなるの?

 

 

 

また、「そろそろ急性期みたいな忙しいところではなく、少し楽なところで働きたい…」と心身ともに限界を感じてくる人もいるはずです。当然ながら一概に「急性期なんて辞めてOK!」なんてことは言えませんが急性期で、3年、4年と働いた人の場合、看護技術も十分1人前でしょうから、どこにいっても通用すると思います。

 

なので、違う働き方に挑戦するならいい機会かもしれません。人によっては「急性期以外のところで働いてみて初めて、自分がどれだけ急性期に向いているのか分かった!」という人もいますので。

 

 

だれもが急性期で働き続けられるわけではない

 

と、ここまで2つのタイミングに分けて急性期で辞めたい理由についてみてきましたが、そもそも人によって急性期に向いている人、向いていない人というのもあると思います。

 

あまり急がず、じっくりと一人の患者さんと向き合って看護をしたいという人もいるでしょう。また、どれだけの精神的ストレスに耐えられるのかにも「個人差」があります。

 

やはり急性期は看護師の中でも「ストレス度の高い」職場な可能性が高いです。そんな職場でなくても、あなたが働き続けられる職場は必ずあるはずです。

 

 

なのでどうしても急性期を続けられないのであれば違う職場に移って頂ければと思いますが、そんな看護師さんにおススメなのがこちら。

 

看護のお仕事

 

見やすく使いやすいウェブサイトが特徴で、全国12万件以上の求人を保有している看護のお仕事。こちらのサービスを通じて転職すると、看護のお仕事から最大で12万円の転職支援金をもらえるのも特徴の一つです。

 

 

最終的に決断するのはもちろんあなたですが、「本当に無理だったら辞めてもいいんだ」ぐらいの気持ちで働いていただければ幸いです。