看護師を辞めたい

看護師の育児は大変!ストレスで辞めたい人は要注意!!

看護師の育児は大変!ストレスで辞めたい人は要注意!

 

育休(or 産休)から復帰して、「これからもまた以前みたいに頑張って働くぞ!」と意気込み働き始めたものの「まさかここまで大変だったとは…」と、育児と看護師の仕事の両立に疲れ果てている新米ママさんも多いのではないでしょうか。

 

正直いって育児と看護師の仕事を両立するのは並大抵のことじゃありません。ストレスも半端なく、その人の状況次第では不可能なこともあると思います。

 

ではどうすればいいのでしょうか。先ずはそんな育児と看護師の仕事を両立した方の体験談をご紹介したいと思います。

 

 

 

これまで看護師として働きながら出産、育児を経験してきたものです。看護師として働いていて、出産、育児を経て、また復帰して現場で働きたいという人は少なくありません。

 

その理由は仕事としてやりがいがある、看護師としての誇りがあり、また収入面でもほかの職業に比べるとよいのでやめられないという人もいるでしょう。

 

現在は育休明けの看護師の復帰に力を入れている病院も多いので、以前に比べると復帰しやすい環境になってきたといえますが、それでも育児と仕事の両立は想像以上に過酷だと思います。

 

 

わたしが一人目を出産して復帰した時、一番心配だったのは「子どもが病気になったらどうしよう」ということでした。院内託児所を利用していたので、多少熱があっても預かってくれます。しかし、感染症などにかかった場合は登園できません。

 

当時は周りに頼れる人はいなかったので、子どもが病気になった時には私か夫が休むしかありませんでした。でも休むと病棟スタッフに迷惑がかかると思っていましたし、突然休みが欲しいというのも言い出しにくい。そのために子どもの具合が悪くなるということが一番の恐怖でした。

 

 

実際、私の働く病棟では看護スタッフがいつも少なくて、1人休んだ場合の勤務繰りの大変さは知っていたのでそうそう簡単に休みを言い出すことはできませんでした。

 

当時は夫の勤務の融通が利いたので、夫に面倒を見てもらうことが多かったです。でもそれで夫とけんかになることも度々。家族や家計のために働いているのに結局けんかになるし、子どもの健康管理が出来ていないと夫に非難されるし…。

 

 

 

一体何のために仕事をしているんだろうと落ち込むことも度々ありました。子供がだんだん大きくなり体が強くなっていくことで病気になる回数も減って急に休みをもらうという状況はなくなっていったのですが…。

 

やはり大切なのは、夫婦で働くこと家庭のことに関して理解を深めておく、また周りの協力体制をもっと要請しておくことが大切だなと思いました。

 

 

また私は復帰後が病棟だったので、育児と仕事の両立が大変だったのですが、これが外来勤務だと夜勤はないし残業も少なくて良かったのではないかと思っています。

 

さらに私の場合は産休は取らしてもらいましたが、まったく働き方を変えてクリニック勤務で子育ての理解があるところを選んで就職をしたり、またパートタイムの仕事をして短時間勤務から始めてもよかったかなと思います。

 

育児と仕事を両立させていくためには、夜勤が無いこと、子育てに関する理解があること、そして残業が無いこと。そんな職場を選ぶことが大切なのではないかと思います。

 

 

 

看護師の仕事と子育てを両立するために大切なことは?

 

体験談の中でも書かれていることですが、看護師が育児と仕事を両立しようと思ったら少なくとも…

 

  • 夫(or 家族)の協力
  • 理解があり、子育てし易い職場

 

の二つが欲しいところです。少なくともこのどちらか1つが無ければ育児と仕事を両立するのはかなり厳しいのではないかと思います。

 

 

夫(or 家族の協力)

夫の協力は必要不可欠!

 

夫、もしくは家の近くに両親が住んでいるため、いざというときに頼れる人がいるなど、誰かしら協力者がいないと育児と看護師の仕事の両立が難しいのは目に見えていますね。

 

子供は2歳頃まで急に熱を出す子が多いですし、小学校に入学するまでは何かしら手をとられることが多いです。そんな突発的なトラブルに対処するためには、少なくとも協力者が一人は欲しいところです。

 

 

もし協力者がいない場合、育児を一人で行わなければならなりません。朝早くに起きて子供にご飯を食べさせ着替えさせ、保育園に送ってから仕事に向かって。

 

そして仕事が終ってクタクタの状態でも、「保育園で子供が待っているから」となんとか重い足を引きずって迎えにいく。帰ってからは帰ってからで家の家事を行わなければならない。

 

当然ながら体力的に相当辛いです。しかし、回りに協力者がいれば状況も大きく変わります。

 

 

理解があり、子育てしやすい職場

理解があり子育てし易い職場!

 

例えば職場にママさんナースが多いなど、育児に理解のある人が多くいると仕事と育児の両立のし易さも大きく変わってきます。

 

逆に働いているのが結婚していない人&若い人ばかりだった場合、万が一子供が熱を出して急に休まなければならなくなった場合、「○○さんが休んだから仕事が忙しくなった」と白い目で見られることも多く、ストレスも溜まる一方です。

 

 

また、院内託児所があったりすれば近くに子供を預けておけるというだけで、母親としては非常に安心できますもんね。そのような職場には必然的にママさんナースが集まりますので、このような環境なら育児と仕事の両立しやすさも全然違います。

 

 

看護師の仕事と育児を両立したいなら「優先順位」をつけよう!

 

仕事と育児を両立しようとしたことのある看護師さんなら分かると思いますが、全てを100%行うのは不可能です。

 

結局、「仕事も育児も」と言っていては必ずどちらかがおろそかになります。例えばたまにこういう方がいます。

 

 

  • これまでも自分が働いてた急性期の病棟で現役並みにバリバリ働いていたい!
  • 子供が成長するにつれてかかるお金も増えてくるから正社員のまま働き続けたい!
  • 子供と一緒に過ごして成長するさまをしっかりと見届けたい!

 

 

これら3つの条件を全て100%で果たすのは不可能です。これまでどおり正社員としてフルタイムで働くのなら、当然残業もあるでしょうし、病棟なら夜勤があります。子供と一緒に過ごす時間はどうしても疎かになりがちです。

 

子供と一緒に過ごす時間を増やして成長を見届けたいなら、これまでどおりの働き方では無理があります。雇用条件をパートにして労働時間を削ったり、正社員のままがいいならより残業が少なく、夜勤がないところに異動(or 転職)する必要があります。

 

 

こうして書くと当たり前のことのように感じますが、実際に自分のこととなると無意識のうちに全てを100%にしようとしているケースがよくあります。「子供のことはかわいいし、でも自分のキャリアも大切だし…」という感じで迷ってしまい、全てが中途半端になってしまった経験もあるのではないでしょうか。

 

そこでビシッと「自分にとって一番大切なのはコレだ!」と優先順位を決めたのであれば、その他の条件に関してはある程度諦める必要があります。

 

 

子供にとっての母親はあなただけ

子供にとっての母親はあなただけ!

 

ただ、看護師の質問掲示板などを見ているとやはり子供を選ぶ方が圧倒的に多いように思います。

 

「三つ子の魂100まで」ということわざがあるとおり、子供の脳が最も成長するのが3歳までです。この3歳までの間に人としての性格・性質が形成され、それは100歳になっても根本的に変わらないという意味です。

 

つまり、この3歳までの間が子供にとっ最もて大切な時期になります。この時期はできるだけ子供と一緒にいてあげたいところですね。

 

 

もちろん、「どれだけ綺麗ごとを言おうがお金が必要」という意見もありますが、それなら出来る限り残業が少なかったり、院内託児所があるような病院に転職してできる限り子育てのしやすい病院で働かれることをおススメします。

 

また、日勤で正社員として働きたいという場合は「訪問看護ステーション」もおススメでしょうか。夜勤もなく、規模の大きい看護ステーションなら子供が急に熱を出したりして休まなければならなくなったとしても、人員が多いので対応しやすいでしょうからね。

 

ただ、「患者一人ひとりに寄り添った看護にやりがいを感じる」という人でないと訪問看護は長く続かないかもしれません。そんな人は病院での外来やクリニックなんかがおすすめでしょうか。(詳細はこちら⇒訪問看護ステーションでまさかのいじめ!?もう辞めたい!

 

「看護師を辞めたい…」と思ってしまうほどストレスを感じながら働いていては、その感情は必ず子供にも伝わります。子供はある意味、大人よりも敏感にこちらの心の状態を把握できますからね。

 

 

なので、これまで看護師の仕事と育児をなんとか両立してきたものの…

 

  • 夫の協力が得られず、保育所までの迎え送りなど育児の負担が大きく辛い…
  • 子供が急に熱を出して仕事を休んだりしたときの職場の風当たりが強い…
  • 産後も看護の最前線で働き続けたいと考えていたもう限界…

 

という方は、より育児に適した職場への転職を真剣に考えていただければと思います。

 

仕事と育児の両立に疲れたという方の参考になれば幸いです。