看護師を辞めたい

疲れたから辞めたい!?お疲れ看護師におススメの職場とは!?

疲れた…

 

看護師をしていると心の奥底から「疲れた…」と感じることが度々あると思います。

 

度重なる夜勤、理不尽な先輩看護師、常に命を預かっているという責任の重たさ…。

 

なかなか心休まることのない看護師のお仕事ですが、今回はそんな看護師を10年間勤められてきた方の体験談がこちら。

 

 

 

わたしはこれまで約10年間の看護経験がありますが、この仕事に疲れたなと思うことは度々あります。

 

その原因を見てみるとその理由は大体二つに分けられます。まず一つ目の疲れたと思う原因は人間関係です。これは看護師間の人間関係、そして医師と看護師、看護師と患者という関係もあります。

 

看護師の世界は男性看護師の進出に伴って、少しずつ変化はみられるもののやはりまだまだ女性が多く圧倒的な強さを持っています。その一番上に立つ師長と言ったら、権力もあるし病棟では女性の中のトップ。

 

これまで看護師の世界を長年経験してやっとトップの座を射止めた人ですから、努力、忍耐力、そして判断力にも優れた人であることも多いです。でも時々、看護師としては素晴らしいけれど人間性としてはどうかなと思う師長もいたりします。

 

 

例えば看護師に優劣を付けたり、好きな看護師だけいろいろなことで優遇をしたり。そして気の合わない看護師は徹底的に排除しようとしたり。そのような人間性を見ると、絶対にかかわりたくないし自分にその目が向かないでほしいと思うことも度々あります。

 

そして師長の前では少しでもよく見せようとする自分がいるので、そのような師長と仕事をすることはとても疲れるなと感じてしまいます。

 

 

次に疲れたと感じることはやはり勤務体制でしょう。病棟になると夜勤は必須です。通常の夜勤をこなすだけでも、ハードなことなのですがそれに入院や急変が重なると休憩する時間もない、そして雑務処理のために夜勤明けの残業は免れないという状況になってしまいます。

 

だからハードな夜勤をこなすたびに、この夜勤を続けていく自信がないな、もう疲れたから夜勤をやめたいなと思ってしまう自分がいました。

 

 

 

ただ、探してみると看護師はもっと良い環境で働くこともできます。その一つにクリニックでの勤務があります。病棟の勤務に比べてスタッフの人数が少ないので人間関係が複雑でない、また忙しさが違うので人間関係がギスギスしていない、そして夜勤が無いということが最大のメリットです。

 

そして次に健康診断センターや血液センターの勤務。これらは開館している時間が決まっています。なので、勤務時間がはっきりしていますし残業がありません。また日常業務も採血や血圧測定など決まったことだけなので、その技術さえ身に着けることができたら、仕事を楽にこなすことができます。夜勤もありません。

 

そして最後は介護の分野になりますが、入浴介助をするような介護施設での仕事もありです。主に働く従業員は、介護士やヘルパーが多いのですが看護師も必要とされています。
入浴ができるかどうか患者さんのバイタルを測定して判断したり、褥瘡のある利用者の処置をしたりする必要があるのです。これも利用時間が決まっているので、日中だけの仕事ですし残業もありません。

 

 

看護師は疲れる理由が満載の仕事

 

看護師として働いていて「疲れた…」と感じることは多いです。あまり一般の方からは理解されない部分かもしれませんが…。

 

 

  • サービス残業がなぜか当たりまえ化している業界
  • 残業をつけようものなら先輩看護師から目をつけられる
  • 夜勤が辛い・30代で更に辛くなってくる
  • 夜勤明けではろくに眠れない⇒疲れが取れない
  • 女の職場だからなのか。人間関係が悪い職場が多い
  • 人間関係がわるいからいじめもよくある
  • いじめで結果的に人がよく辞めていく⇒常に人手不足で忙しい(だから残業も増える…)
  • 休みの日はもはや疲れをとるためだけに寝ている。だからプライベートなんてないも同然

 

もう疲れが溜まるのも当然です。もちろん全てがこのページを読んでいるあなたに当てはまるとは限りませんが、病院で働いている人なら身に覚えのあることも多いと思います。

 

ここで注意が必要なのが真面目な人です。例えば「後輩のためにもまだ辞めるわけには…」とか「最低3年間は働くって自分で決めたし…」と、自分の感情を押し殺してでも働き続けようとする人ですね。

 

 

こういう人は「もっと頑張らなきゃ…」とついつい自分を追いこんでしまいがちです。たまに掲示板に書き込んでいる看護師さんの中にいますが「心を病んでしまい、薬を使いながらも働いている」なんていう方もいます。果たしてそこまでしなければならないのでしょうか。

 

こんな話を聞いて「私はまだそこまでは大丈夫だけど…」と思った方もいるかもしれませんが、自分がどれだけ精神的に追い詰められているのかは自分では分からないものです。

 

なので最近「なんか疲れたな…」と感じる人は心療内科などで一度診てもらってみてください。何もないのであればそれに越したことはありません。

 

 

疲れの原因を取り除くにはどうすればいい?

 

ページ冒頭でご紹介した体験談の中でも書かれている通り、看護師の疲れの大きな原因は…

 

  • 人間関係(いじめ、パワハラなど)
  • 勤務体制(夜勤、日勤からの深夜勤など

 

の2つに分けられるのではないかと思います。一般企業の場合、このどっちかに問題がある場合ブラック企業と呼ばれたりしますが、悲しいかな、なぜか病院の場合はどっちも揃っているケースが多いように感じます。

 

とはいえ、「しょうがない…」と諦めて働き続けていてはそのうち本当に病んでしまいます。これらの問題にはどのように対処すればいいのでしょうか。

 

「転職すれば済むはなし」という人もいますが、誰しもが転職なんてできれば避けたいところです。転職せずに解決する方法はないのでしょうか。

 

 

人間関係について「疲れた」という場合の対処法

人間関係について疲れた

 

例えば「同僚や先輩から無視」されたり、職場の人間関係でなんらかの問題を抱えている場合は上司(師長など)に相談することで解決することもあります。

 

「○○さん(先輩看護師)からのいじめが辛くて…。可能なら異動できませんか」などと相談することで、実際に異動させてもらえるケースもあります。

 

こうすることでわざわざ転職せずとも人間関係のもつれを解消できるかもしれません。部署が変わるだけで人間関係がガラッと変わった!なんてはなしもよく聞きます。

 

 

看護師が辞めてしまっては病院側からの師長に対する評価にも響きますし、新しい看護師を雇うのはかなりの手間ですから、普通は「できればやめてほしくない」と考えているはずです。(「看護師なんて使い捨ての道具」ぐらいにしか考えていない病院では別でしょうが)

 

 

勤務体制に疲れたという場合の対処法

勤務体制に疲れた

 

看護師の疲れの最大の原因はやはり夜勤ではないでしょうか。若いときならまだしも、30代を越えだすと「一気に疲れが溜まり易くなる」という声も多いですね。(まあ、若くても関係なくしんどいんですが…)

 

もちろん働いている病院が急性期か慢性期かなど、働いている病院によっても状況は大きく変わるでしょうが夜勤はやっぱり辛いです。あまりにも辛い場合はやはり師長に夜勤を少なくできないか相談してみてください。

 

 

ただ、そもそも「急性期病棟で働いていて、忙しさのあまりに疲れた…」という場合は異動や転職などで仕事場を変える必要もあるでしょう。夜勤が辛いのであれば夜勤の無い外来、「急性期特有の急がしさについていけない…」というのであれば療養期の病棟に異動(or 転職)などの対策が考えられます。

 

もちろん、異動しようと思うのであれば急性期病棟と療養期病棟が併設されているケアミックス病院である必要がありますが…。もしそうでなく、異動によって解決できない場合はもはや転職して働く場所を変えるしか対策が思いつきません。休職したところで、またその職場で働かなければなりませんからね。

 

 

病院はどこでもブラックなわけではない!

病院

 

もしあなたが今、病院の過酷な環境で働いていて「疲れたから看護師なんてもう辞めたい…」と思っていたとしても絶望しないでください。看護師の働く場所は何も病院だけではありません。

 

 

また、全ての病院がブラック病院なのかといわれるとそれも違います。「え?病院なんてどこでもブラックでしょ??」と、今の辛い職場で働いているならそう思ってしまうかもしれませんが。

 

  • 人間関係
  • 勤務体制

 

の両方に問題を抱えているのではなく、「人間関係は確かにこじれてるけど…。勤務体制はしっかり整備されてる」というような病院なら普通にそこらへんにあります。(もしくはその逆)

 

この両方がダメな病院で働いているなら心身ともに疲れきってしまっても仕方がありませんからね。頃合をみて転職してみるのも一つの手でしょう。

 

 

ただ、転職と聞いてよくある悩みの一つが「次の職場もブラックで、また辞めなければならない羽目になったらどうしよう…」というものです。こんな不安がふっと頭をよぎったら、確かに怖くて「今の職場でなんとか頑張らなければ…」と考えてしまうかもしれません。

 

そんな方におススメなのがこちら⇒ブラック病院に転職しないための9つの注意点!

 

転職前にブラック病院かどうか見極めるためのコツのようなものについてご紹介しています。今は転職するかどうか分からないとしても、将来的に役に立つ情報なので、よければ確認しておいてください。

 

 

また、看護師の転職におススメなのがこちら。

 

ナースではたらこ

 

 

看護師の求人を紹介してくれる「看護のお仕事」です。24時間、全国対応で使い勝手がよく、転職が成功した際は12万円の転職支援金がもらえる制度が採用されています。

 

「夜勤や人間関係にもう疲れた…」という看護師の方の参考になれば幸いです。