看護師を辞めたい

激務で看護師を辞めたいと感じたときってどんなとき!?

 

看護師といえば「人手不足」がよくテレビなどでも取り上げられていますが、実際の現場は本当に忙しいの一言に尽きます。

 

今回はそんな「激務で看護師を辞めたくなった」人たちの体験談をご紹介したいと思います。

 

救急指定病院の外科病棟で激務の日々!

私が看護師として働いていたのは、救急指定病院の外科病棟で働いていましたが、もうとんでもなく忙しいことが多々ありました。

 

日勤では多くの看護師がいるため、救急患者さんが入院をしてきてもそんなに忙しいと思うことがありませんでしたが、問題は夜勤となり、救急患者さんがたてつづけに入院をしてきたときです。

 

それはもう、本当に休むひまもなく動き続けることとなり、しかもそれが夜勤をするたびにほぼ毎回です。もう心の奥底から夜勤をすることが嫌になったのは当然のことながら、だんだんと自律神経失調症のような症状も出てきました。

 

そうしてだんだん精神的に追い込まれていき、しまいにはうつ病の一歩手前と診断され、最終的にその病院は辞職をすることに…。

 

 

辞職をしてからは、しばらく休んでいましたが、まだ看護師として働きたいと思う気持ちは残っていたものの、「もうあんな激務の職場は嫌だ…」と、恐怖に近い感覚を持っていたため、次の職場は夜勤のない外来勤務の病院で働くことにしました。

 

 

そこは、以前の救急指定病院と比較をすると、お給料は半分ぐらいになってしまいます。しかし、結局のところをどちらをとるかです。忙しいけど給料が高いか、楽だけど給料は安いか。いいとこどりはできません。

 

 

若い時には、救急の現場で経験を積み、看護師としての腕を磨きたいという気概も確かにありました。しかし、年を重ねてくると、年々、体力的な衰えを強くに感じるのも事実です。

 

年齢に合わせて、適切な職場を選ぶことも必要だと思います。お給料のことを考えると、以前の職場は確かに魅力的でしたが、あのような激務の職場ではもう働けないと思います。

 

 

 

総合病院の外科病棟はとにかく激務!

私が働いていたのは総合病院の外科です。その病院では、日勤の時間帯が一番の激務でした。

 

日勤では、仕事が終了するのが大体20時頃。仕事が終了すると、本当に疲れていて家についてお風呂に入ったら、お風呂でそのまま寝てしまっていたことが何度もありました。ほんとに「仕事」と「寝る」ための毎日です。

 

 

特に激務だったのは、病棟に入院する患者さんの入退院に対応するときです。患者さんが退院すると、当然次の患者さんを受け入れることになり、一人の患者さんの受け入れに大体2時間ぐらいかかってしまいます。

 

そして多い時には、一人で5人ほどの患者さんを受け持つこともあり、流石に5人受け持った時には帰宅するのが深夜になってしまいます。

 

 

どの総合病院でも、できるだけ患者さんの回転率を上げたいと思っているので、大体同じような感じではないでしょうか。ただ、総合病院でなければ事情も違うかと思いますが。

 

特に個人病院の場合、総合病院のように入院患者さんが待ちかねているというのは少ないと思うので、やはり個人病院のほうが楽ではないかと思います。

 

総合病院は病院運営のためにも多くの患者さんを受け入れる必要があり、特に激務だったと感じました

 

 

産婦人科はやっぱり激務

私が激務と感じたのは産婦人科の病棟に勤務していたときです。これがもしも外来勤務だったら、そんなに激務に感じることはないのかもしれませんが…。

 

 

特に大変だと感じたのが妊婦さんの身の回りの世話や体調管理などです。当然ながら入院している妊婦さんは絶対安静なので身の回りの世話は全て私達看護師が行わなければならず、ひっきりなしにナースコールがなっている状態でした。

 

そしてそれは当然、夜もです。妊婦さんですから、皆さんかなり頻尿気味で、介助でかなり時間がとられてしまいます。

 

 

妊婦さんがいつ出産するかなんて分かりませんから、本当に24時間臨戦態勢です。ナースセンターにはいつも妊婦さんの様子を確認できるようになっているのでもしも緊急なことがあった時にはすぐ対応できるようになっています。

 

手術の準備やお産の準備をしているときは、他の看護師の負担が倍増します。後のカバーを一人でしなければいけませんからね。日勤の場合は、勤務する看護師が多いので、なんとかなるのですが、夜勤の場合はもう地獄でした。当然、人手不足ですから休みもなかなか取ることができません。

 

 

産婦人科の病棟はどこもこんな感じなのではないでしょうか。激務で人手不足になる理由もよく分かります…

 

 

激務で看護師を辞める?辞めない?

 

「激務でもう耐えられないから看護師を辞めたい…」このように悩みを持っている看護師の方は非常に多く、実際に看護師を辞めてしまう方も多いです。(潜在看護師50万人といわれる所以ですね)

 

では激務で看護師を辞めるか迷っている方の場合、これからどうすればいいのでしょうか。さすがにこのまま激務の職場で働き続けていてはいつか限界がきて心がこわれてしまいます。

 

看護師を辞めたい人に知って欲しい働き方!

 

上のページで詳しく解説していますが、看護師を辞めて他に何かやりたい仕事があるのであれば「看護師を辞めてしまっても構わない」と思います。

 

しかし、激務で看護師を辞めたいという場合、あまりおススメできません。看護師自体を辞めるかどうかは仕事の忙しさではなく、「やりがいを感じるかどうか」で決めるべきだと思いますので。

 

 

看護師の仕事の忙しさは、職場によって本当に差があります。また、たとえ同じ科だとしても(忙しさはあまり変わらないかもしれませんが)一緒に働く人が変われば働き易さも大きく違います。

 

本当に困ったとき、心のそこから頼れる同僚や師長がいるだけでどれだけ心強いことか…。もしあなたがそんな仲間達と一緒に働いたことがあるなら分かってくれるはずです。

 

 

看護師の仕事に何を求めるのかは人それぞれですが、看護師は様々な場所で必要とされている専門職です。もしあなたが一つの職場でしか働いたことがないのであれば、ぜひ看護師としていろいろな働き方を試してみて、「自分にあった看護師としての働き方」を見つけてみてください。

 

もちろん、そのような働き方がなかなか見つからない方もいるでしょうが、探し続けていればそのうちめぐり合えたりするものです。また、仕事が激務で辛いときは本当に目の前の問題しかみえず、視野が狭まってしまいがちですが、そんなときは少し休憩してみるのもいいかもしれません。

 

 

本当に辛かったら別に退職してもいいのです。「それじゃあ同僚や患者に迷惑がかかるから…」と悩んでしまう方もいますが、結局、組織というのはあなたが抜けてもうまくやっていくものですので。

 

まずは組織のことよりも、あなたはあなた自身の心配をしてあげてください。

 

 

ただ、仕事を辞める場合は先に次の転職先を見つけておくことをお勧めしますが、そんな方におススメなのがこちら。

 

看護のお仕事

 

見やすく使いやすいウェブサイトが特徴で、全国12万件以上の求人を保有している看護のお仕事。こちらのサービスを通じて転職すると、看護のお仕事から最大で12万円の転職支援金をもらえるのも特徴の一つです。

 

 

どうせ転職するのであればできるだけお得に転職したいですもんね。激務で看護師を辞めたいと感じている方の参考になれば幸いです。