看護師を辞めたい

子育て看護師が転職(ブランクありで再就職)するときの注意点

 

子育て中の看護師でも、少し子育てに余裕が出来たら、もう一度看護師として働きたいと考えている人もいるでしょう。また子育てにお金がかかるようになってきたから、家計を考えると働かなければ…と仕事復帰を考える人もいます。

 

基本的には、子育てをする以前に看護師という専門職の資格を持って働いていれば、転職をしたいと思った時、需要が多いので求人を探したり見つけることは難しくありません。しかし看護師として働くのは楽ではないと現実を知っているからこそ、再就職を迷う人もたくさんいるのです。

 

 

そのため子育て中の看護師の転職先に悩むのは当然でしょう。例えば、病棟で正社員として働くと、夜勤をしなければいけないので、子供をどうしよう…といったこと。また子供のことを考えると外来やクリニックなど日勤だけの勤務がいいのかなと働き方を考えることもあります。

 

 

ただ働く場所によって、メリットデメリットがあるので、それもよく考えて転職先を決める必要があります。

 

 

子育て中の看護師が考えるべき再就職先ののメリット&デメリット

 

例えば病棟はいろいろな症例があり、これから看護の知識をどんどん増やしていきたいという時、スキルアップも可能というメリットがありますが、外来やクリニックなどでは毎日がルーチン業務になることが多く、専門性を高めるのは難しいデメリットがあるといったことです。

 

そこで看護師の多くが悩むことは、子育てを取るのか、また自分のスキルアップを取るのかということなのです。ですが、子供があまりに若いうちから本格的に働いてしまうと子育てと仕事の板挟みになり、仕事を続けることも難しいので注意が必要です。

 

0歳〜3歳未満までの母親の生活模様&おススメの看護師の働き方

 

 

子供が小さい間は働いても保育所などで病気をもらってくるのではないか、体調を崩すのではないかと常に心配が付きまといます。ある程度子供の体力や感染症に対する免疫が強くなるまでは仕方がないことなのですが、子供が小さいうちに早く復帰するほどその心配は高まります。

 

そのため、まずは子育て環境を支援するサポートがないと、自分は働くことが出来ないのですね。

 

 

以上のことを考えると、子育て中の看護師に必要な職場の環境というのは、子育てに関する支援サポートがあるところが一番です。例えば院内託児所があれば、送迎も楽ですし、仕事が遅くなった時にも融通が利く場合もあります。

 

 

また夜勤をやりたいという時に、24時間保育を行う院内託児所があれば、自分の看護師としてのキャリアを伸ばしていくことも可能です。院内託児所がない場合でも、他の保育所に預けながら、病院では時短勤務が出来ると、仕事と子育ての両立が出来て働きやすいですね。

 

【転職するならここ!】子育て中の看護師におススメの職場は!?

 

 

もしも病院を選ぶときには、通勤時間も問題となります。病院で勤務をする時って、始業時間ぎりぎりに行く人は少ないでしょう。みんな早めに出勤して情報収集や業務の準備に取り掛かります。

 

子育てをしながら、子供の朝の準備をして送りだし、自分が保育所や幼稚園に送っていく、そして自分の出勤をするというのが毎日続くので簡単なことではありません。

 

更に通勤に時間がかかれば、それだけ朝早く出て、帰りも遅くなるということ。そのため働く場所を選ぶときには、自宅、学校、病院の位置関係をしっかり見て決めることが大切です。

 

子供がまだ小さくて正社員で働くのが心配という場合は、非常勤という働き方もあります。非常勤も病院によっては、一日4時間勤務、6時間勤務など時間がまちまちです。

 

病院によっては、忙しい時間だけ来てほしいというところもあるので、ある程度自分の希望に合わせて働くことも可能です。もしも非常勤であれば時給制で働くことになるので、働いたら働いた分だけが収入につながります。

 

もしも子供が急に病気になって休んでも、それは給料に反映するだけ。そのため正社員より休みがとりやすくなります。

 

 

子育てでブランクありの看護師が再就職するときの注意点

 

それではここからは、子育てで一度看護師からは離れたため、ブランクありで再就職するときの注意点について解説していきたいと思います。

 

 

ブランク1年未満で再就職するときの注意点

 

ブランク1年未満であると、まだまだ病院で働いていた記憶が新しいので、ブランクが長い人に比べ復帰しても適応が早いです。

 

看護技術は慣れればすぐに勘を取り戻すことが出来るでしょう。しかし事務的なことや記録などはその病院のやり方というのがあります。ブランク1年だったら、以前の病院の記憶も残っているので、その点で混乱しやすいことがあるかもしれません。

 

また看護ケアに関してもブランク1年だったら、できるでしょ?という感覚で仕事を任されることもあります。そのためできないことはできないとはっきり意思表示をしながら、仕事をすることが大切です。

 

 

もう一つ再就職で注意したいことは、育児と仕事の両立です。もしもその1年の間に出産、子育てを行ったとしたら、復帰した時には、子供は1歳程度でまだまだ小さいですよね。

 

そのため、まだまだ手がかかりますし体調を急に崩したりということがあるかもしれません。それを考慮すると仕事に打ち込みつつも子育てにやや重点を置いてケアをする必要もあるのです。そのため院内託児所の完備や子育てに理解のある病院を選んで再就職するとよいでしょう。

 

 

ブランク3年未満で再就職するときの注意点

 

3年程度であっても病院を離れていると、その状況は大きく変化しています。またブランク中に育児などに集中していると、看護技術もすっかり抜け落ちていることもありますね。

 

再就職をするときには仕事についていけるか?看護スキルをすぐに思い出すことが出来るかということが一番の不安要素です。そのため少し見直しておくといいです。3年未満のブランクであればすぐに勘も取り戻せるはずです。

 

 

出産をきっかけに退職し、ブランク3年未満で再就職する時、子供がまだ2歳、3歳という小さな時。しかし、しっかり自我が芽生えているので、急に保育園などに入れられてママと離れるということになるとかなり子育ても大変なはず。

 

ママも仕事以外には子供にべったりということもあるでしょう。もしも子育てと仕事の両立でそのような不安があるのであれば、体力的に負担が少ない職場を選んだり、子育てに理解のある病院を選ぶとよいでしょう。

 

 

ブランク3年以上で再就職するときの注意点

 

ブランクが長期になると、復帰をするときにも不安が大きくなるはず。そんな転職者に向けて、看護協会が再就職支援の研修を行っているので、これらを利用するといいでしょう。

 

病院で看護技術の練習をしたり、いろいろな病院見学も出来るので復職前の勉強になります。また病院には中途採用者にプリセプターをつけて指導をしてくれる教育制度の整ったところもあります。

 

そのため、もしもブランクが長く再就職に不安のある人は、プリセプターの指導を受けながら業務や看護技術を一から学べるようなところを選ぶといいでしょう。

 

 

ブランクありで復帰するときに勉強しておくべきこと?

 

看護技術は一通り振り返っておくべきでしょう。その勉強する際も古い教科書を見るのではなく、できれば新しい文献を参考にするとよいです。インターネットを利用して看護技術の勉強をするのもよいですね。

 

なぜなら、看護技術もこれまでも看護研究で見直されたものもあり、エビデンスに基づいて少し根拠など変化している部分もあるからなのです。現場から離れているとそれらの変化がわかりません。昔習得した看護技術も十分役立つのですが、新しい文献で見直しておくと更に知識を高めることができます。

 

もう一つ重要なことがパソコンに慣れておくことです。今は電子カルテの病院も増えています。またカルテは紙媒体を使用していても、体温表だけはパソコンを使用する、先生から出されたオーダーをパソコンで確認するということもあります。

 

パソコンに全く慣れていない場合、入力や確認するのも怖いですよね。変なところを押して消えてしまわないかと思うほど。少しでもパソコンに慣れておくとそのような心配が減ります。また報告書を出したりするのに文書作成することもあるので、パソコンの入力になれておいたほうがいいでしょう。

 

 

ブランクありで再就職するときの志望動機にはどんなことを書けばいい?

 

ブランクがあり再就職をすると決めた時には、大きく二つの理由があるでしょう。

 

その一つは、子育てがひと段落し、少しでも自分の時間を持ちたくなった、働きたくなったという理由です。この場合は、ブランク中にも看護師として復帰したいと考えていた、もう少し看護のことを学んでスキルアップしていきたいということを志望動機に書くといいでしょう。

 

ブランクがあり再就職をすると決めた理由のもう一つは、経済的な理由です。例えば子供が複数人いて、大きくなってくると学費や習い事もあるし、進学を考えた時には経済的な理由から復帰したいと考える人が少なくないのです。

 

経済的な理由を直接志望動機に書いてもいいのかな?と不安に思う方も多いかもしれませんが、実際には事実をそのまま記入しても構いません。

 

 

なぜなら採用する病院側も、経済的な問題なら長く働いてくれるかな?非常勤を希望していても、そのうち常勤になってくれるかな?と期待をすることが出来るからです。ただし、経済的な理由があったとしても看護師という仕事に戻りたいという意欲も文章を加えることは必要不可欠ですが。

 

また、ブランクありで再就職するときの志望動機の書き方を指導してもらうにはこういったサービスの利用がおススメです。

 

看護のお仕事

 

 

見やすく使いやすいウェブサイトが特徴で、全国12万件以上の求人を保有している看護のお仕事。こちらのサービスを通じて転職すると、看護のお仕事から最大で12万円の転職支援金をもらえるのも特徴の一つです。

 

看護のお仕事に登録すれば、それぞれの人に担当者がついてくれ、転職活動を手取り足取りサポートしてくれます。志望動機についても一緒に考えてくれるでしょう。

 

ぜひうまく利用してみてください。子育て中の看護師で再就職(ブランクあり)しようとしているひとの参考になれば幸いです。